編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

「Ubuntu Edge」がコンピューティングの世界を変える? - (page 2)

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2013-08-07 07:30

 Canonicalは何を作ろうとしているのだろうか。単に当たるか外れるかわからないクールなガジェットを思いつきで作っているわけではない。PC市場を長期間、厳しい目で観察し、今こそ、この先鋭的なアイデアを実現するタイミングだと判断したのだ。

 浦島太郎でもなければ、PC市場がゆっくりと死に向かい始めたことは知っているはずだ。IDCは2013年の始めに、PCの売り上げの落ち込みが過去10年で最大を記録したと報じた。

 これは、PCがなくなるという意味ではない。PCは簡単にはなくならない。オフィスでも家庭でも、PCは当分の間使われ続けるだろう。タブレットやスマートフォンでは難しい作業も、PCなら可能だ。だが、われわれが今本当に求めているのは、もっと小さい、持ち運べるデバイスなのだ。

 米ZDNetの同僚の1人は、記事の中で「Surface RT」の失敗はWindowsの死の予兆だと論じている。また別の1人は、Windows PCに競争力が失われていることが示されているという考えだ。Googleなら、その意見には同調しつつも、デスクトップコンピューティングの未来は、クラウドを活用するChromebookのものだと言うかもしれない。Chromebookの売れ行きは、その考えを裏付けているようにも見える。

 Canonicalはその同じ市場を観察して、独自の意見にたどり着いた。同社は、求められているのはPCではなく携帯デバイスだと考えたのだ。一方で、われわれの多くが同時にキーボード付きデバイスを常に必要としていることも知っている。

 同社が出した答えは、1つのデバイスで両方をこなすというものだ。これによって、ラップトップ(Chromebookも含めて)とスマートフォンの両方を持ち運ぶ必要がなくなる。必要なコンピューティングパワーをすべてポケットに入れて持ち運べるわけだ。同社は、オフィスやホテル、会議場、あるいは自宅でキーボードとモニタにスーパースマートフォンをつないで使い、いつでも移動できるというポストPCの未来を予想している。

 人々は、これを受け入れるだろうか?私はそう思う。

  ポケットに入る1台にすべてを詰め込んだポケットPC兼スマートフォンの形が、近い未来に主流になるかどうかはわからない。しかし、未来が従来のPCやラップトップのものでないことは分かっている。PCやラップトップの時代は終わったのだ。未来は、クラウドベースのデバイスやタブレット、スマートフォンのものだ。そして、CanonicalのUbuntu Edgeに似たデバイスがそれに加わってもおかしくない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]