編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

IBM、ブレードサーバ「Flex System」に新モデル--集約率を2倍に向上

山田竜司 (編集部)

2013-08-07 18:49

 日本IBMは8月7日、垂直統合型システム「IBM PureSystems」を構成するブレードサーバ「IBM Flex System」の新モデルなどを発表した。同日から日本IBMと同社のパートナー企業から販売し、9月10日から順次出荷する。

 Flex Systemは、PureSystemsを構成する製品群に含まれ、サーバやストレージ、ネットワーク、統合管理ソフトウェアなどをユーザー企業の要件に応じて組み合わせて活用できる。仮想化を前提に設計されている。今回発表されたのは、UNIXサーバの「IBM Flex System p260」やIAサーバの「IBM Flex System x222」など。

 Flex System p260は、オフコンOS「IBM i」を利用しているユーザー企業向けにクラウド環境に対応させた。最新のRISCプロセッサ「POWER7+」を搭載し、Flex System シリーズで初めてエントリモデル向けのIBM iライセンス体系を利用できるようになった。税別価格は141万5600円。

 Flex System x222は、1台の筐体に2ノードのサーバとマザーボードを収納可能。x86プロセッサ「Xeon E5-2400」シリーズを1ノードあたり最大2個搭載できる。1つの筐体に合計4プロセッサ搭載できる。1シャーシの中に最大28ノードを集約でき、従来の2倍のサーバ集約率とメリットを説明している。高集約化でビジネス拡大に合わせたシステム増強や他のワークロードを集約でき、運用管理負荷の軽減やコストの削減ができるという。税別価格は62万2300円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]