編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

米国防省主催の災害対策ロボットコンペ向け開発は仮想環境で--IBM発表

山田竜司 (編集部)

2013-08-08 18:59

 ロボット学の研究をしているOpen Source Robotics Foundation (OSRF)は、米国防総省と協力して開催するロボット災害利用の競技大会であるバーチャル・ロボティクス・チャレンジ(VRC)の開催に際し、SoftLayer Technologies(SoftLayer)のクラウド基盤を開発のプラットフォームとして採用した。SoftLayerの親会社である米IBMが8月1日に発表した。

 VRC参加企業は、災害発生時に通常なら緊急作業員が行う作業を、ロボットが遂行できるようにするソフトウェアの開発を課題として課せられる。VRCには世界から100以上のチームが集まり、SoftLayerのクラウド基盤により遠隔地からの参加、開発が可能となった。このバーチャル競技を勝ち抜いた企業は、VRCでテストしたソフトウェアを実際のロボットに使用するライブイベントなどを実施するVRCの次のステージへと進めるという。

 OSRFがSoftLayerのプラットフォームを専門化されたフォーマットに設定し、競技チームが他のチームとは別に専用のサーバ群を操作できるようにしたとSoftLayerは説明している。

 SoftLayerのAPIにより、各チームは開発環境としてIntelのデュアルコアSandyBridge CPUとNVIDIAのGPUを備えたサーバ2機を含む5機のサーバが、他チームとは他チームとは別の環境として与えられたという。各チームは必要に応じて各自のサーバをリロードでき、OSRFは各チームがシミュレーションを終了した後、サーバをリセットして初期状態に戻すことができた。

 米IBMは「同競技に求められるシミュレーションレベルを実現するには、超高速で互いに通信できる機械が必要だった。SoftLayerは機械同士の通信ループを、高基準で短縮できた唯一の専用基盤であり、複雑なロボティクスのシミュレーションに必要な処理能力と速度を実現できたため採用された」と説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]