編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

高密度化進むデータセンターでも独自のアイデアでコスト削減を支援するラリタンの勘所 - (page 2)

田中好伸 (編集部) 吉澤亨史

2013-08-12 15:00

ラック電源は400Vの時代へ

 Raritanが提供する製品群は、企業のデータセンターだけでなく、ラックを切り売りするデータセンター事業者などのコロケーション環境にも有効であるという。従来は切り売りする単位ごとにPDUが必要なため、ラックを3分割して提供する場合はAフィード、Bフィードともに3個ずつ、合計6個のPDUが必要になり、電力も6系統を用意することになる。

 だが、Raritanでは、PDUのコンセント単位で管理を可能にするというアプローチによって、ラックのAフィードとBフィードそれぞれ1個のPDUで対応できる。電源も2系統で済むため、コストメリットは大きい。

 コロケーション向けの事例では、ドイツのecotelが使用するラックにRaritanがインラインメーターを提供している。精度の高い環境センサで温度と湿度を管理することで、1%のビリンググレードを実現している。

 またオーストラリアのNextgenでは、Raritanの提供する電力管理ソフトウェア「Power IQ」を活用して、Nextgenのユーザーにポータルを提供している。Nextgenのユーザーはそれぞれのポータルを使って電力の状況を把握することができる。

 クラウドコンピューティングが一般化することで、ダイナミックな環境でユーザーが自らリソースをアレンジできるようになった。より高い電力が求められるようになり、400Vのラックの需要も増えている。

 「Raritanでは、品質と信頼性にこだわった製品を提供することはもちろん、Wi-Fi対応やカラーリングなどのカスタマイズも可能にしている。多彩な業種、環境、地域に導入しており、実績も積んでいる。日本企業でも、400Vを検討するようになった。Raritanは日本でも、高品質、高信頼性、そしてコストメリットのある解決策を提供していきたい」(Wood氏)

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]