NSA、プライバシー規則を頻繁に違反か--内部監査報告書で明らかに

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部 2013年08月17日 08時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国家安全保障局(NSA)は、2008年により幅広い権限が認められて以来、その法的権限を超えるとともに、自らの規定をも多数回にわたり違反していたという。The Washington Postが入手した同局の内部監査報告書で明らかになった。

 この資料は、NSAの内部告発者であるEdward Snowden氏がThe Washington Postに提供したもので、それによると、NSAによる違反行為の大半が米国人または米国内の外国人諜報活動対象者に対する無認可での監視活動に関係しているという。同文書には、深刻な法令違反から誤植にいたるさまざまな違反行為が示されており、これらが意図しないデータ収集につながったと同紙は伝えている。

 The Washington Postは、NSAは自身の規定違反についての詳細を必ずしも公開していなかったとしている。監視委員会には提供されていない品質保証レポートでは、2008年、米国の市外局番の202が誤って20と入力されたことで、「多数の」通話がエジプト向けに発信されたことが分かっている(20はエジプトの国番号)。別のケースでは、新しいデータ収集方法が実施されてから数カ月経過するまで、NSAの令状要請を審査する外国情報活動監視裁判所(Foreign Intelligence Surveillance Court:FISC)がその説明を受けていなかった。FISCはこの件について、最終的に違憲の判断を下したと同紙は伝えている。

 The Washington Postが報じたところによると、2012年5月付けの同監査報告は、法的に保護された通信に対する無許可の収集、保管、アクセス、または配布について、それまでの12カ月にわたる2776件の事例を明らかにしているという。これらの事例の1つに、3000人にのぼる米国人および永住ビザ所持者に関するデータの無許可の使用に関わるものが含まれていた。

メリーランド州フォートミードにある米国家安全保障局本部
メリーランド州フォートミードにある米国家安全保障局本部
提供:NSA

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算