編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

チェックポイント、中堅中小向けマネージドセキュリティに参入--本富新社長 - (page 2)

齋藤公二 (インサイト)

2013-08-21 16:39

 本富氏は、製品戦略に続いて、日本市場での販売戦略についても、次の5つのポイントに整理して説明した。

  1. 既存の顧客やチャネルとのリレーションの強化
  2. 大企業へのSoftware Bladeの提案
  3. SMB向けのMSSの推進
  4. クラウド、仮想化、モバイル分野への進出と新たなチャネルや事業分野の確立
  5. セキュリティレポートでの啓蒙

 このうち、特に注目できるのは、国内で新たに開始するMSSだろう。MSSでは、チェック・ポイントのゲートウェイを24時間体制で監視して、脅威の侵入を防いだり、専門性の高い人材やスキルの投入で、セキュリティ運用を最適化したりする。たとえば、1日数千件に達するようなログを分析して、1週あたり数件のアラートだけを抽出するといったサービスを提供する。

 「MSSは、海外ではISPなどのサービスに組み込んで大きなビジネスになっている。日本ではまだゼロに等しいが、すでにいくつかのサービスプロバイダーとPoC(Proof of Concept=システムの概念実証)や実機検証の話し合いが進んでいる」(本富氏)

 大企業向けのMSSは、来年の1月か4月から始まる新サービスの中にプロバイダーがMSSを組み込む形で提供する予定という。一方、SMB向けのMSSについては、パートナーとの話し合い進んでおり、年内にも提供を開始する。パートナー向けにも中小規模向けに注力することで、パートナーの利益が減少することがないように、アプライアンスやMSSのサーバをレンタルし、顧客数に応じて利益が伸びるような成長モデルを提案していくという。

 本富氏は、8月1日付で代表取締役社長に就任。1963年生まれで、北海道大学工学部卒、米ピッツバーグ大学MBAを修了。これまでにTRADOSジャパン(現SDLジャパン)、日本ネッテグリティ(現CA Technologies)を経て、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンで代表取締役社長を務めた経験を持つ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]