編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ブイキューブとセールスフォースが連携--活動や対話の履歴をCRMに自動記録

山田竜司 (編集部)

2013-08-27 11:14

 ブイキューブは8月27日、セールスフォース・ドットコム(SFDC)と連携して、カスタマーサポートや営業活動向けにコミュニケーションツール「V-CUBE セールス&サポート for Salesforce」を発表した。8月23日から提供している。

 V-CUBE セールス&サポート for Salesforceはウェブ会議の仕組みを使い、PC画面や資料を共有しながら、遠隔地への営業活動や顧客対応ができるウェブツール。SaaSモデルで提供されるため、専用のアプリケーションなどをインストールしなくても利用できる。

 今回、SFDCと連携し、SaaS型顧客情報管理システム(CRM)「Salesforce CRM」上の顧客管理画面から直接、資料共有できるようになった。これにより同サービス経由で実施した商談やサポートの内容は、Salesforceの活動履歴として、自動で記録され、「いつ、誰と、どんな資料で何を話したのか」を、いつでも振り返られるようになる。

 これまで、Salesforceの活動履歴は、商談やサポートの終了後、担当者がテキストファイルで記載していくことが多かったという。 「同じ情報が見えないことによるコミュニケーションの煩わしさを解消し、資料やPC画面を共有しながら的確な会話ができるようになる」(ブイキューブ)。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]