編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

「Windows RT」タブレットのうわさが過熱--MS「Surface 2」登場やノキアの9月発表など

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2013-08-27 08:17

 Microsoftが「Surface RT」の在庫調整評価損として9億ドルを計上したからといって誤解してはいけない。まだ少なくとも2種類(もしかしたらそれ以上)の「Windows RT」ベースのタブレットがリリースを控えている。

 まず1つめは、この数週間うわさが飛び交っているNokiaが発売予定のWindows RTタブレットだ。The Vergeによると、この端末の最新のコード名は「Sirius」だという。数週間前にはThe VergeのTom Warren記者が、同端末のコード名は「Vanquish」のようだと報じていた。

 2013年8月中旬には様々なブログにおいて、Nokiaが同端末を9月末にニューヨークで発表する予定だと報じられた(最も多くうわさされた日程は米国時間9月26日)。当時の報道では、これらのNokia製タブレットは10.1インチで、Qualcommの「Snapdragon 800」プロセッサ、32Gバイトの内蔵ストレージ、2GバイトのRAM、micro USBポート、着脱可能なキーボードを搭載し、LTEに対応するとされていた。AT&TかVerizon、あるいはその両者が、同端末のLTEパートナーになる可能性があると報じられていた。

 WinSuperSite.comではPaul Thurrott氏が、Siriusのコード名とスペックについてうわさを裏付ける情報を提供しており、加えて、これらの端末の最低価格が499ドルになる予定であることを明かしている。

 この情報はすべて情報筋によるもので、NokiaとMicrosoftはコメントしていない。

 さらにMicrosoftも、Surface RTの後継機種の準備も進めているという。Thurrott氏によると、「Surface 2」という名称になる予定で、「Windows 8.1 RT」を搭載するという(ハードウェアには「RT」が付かないがOSにはまだ付くとThurrott氏は述べている)。

 「Surface 2」は既に、Intelベースの姉妹製品である「Surface 2 Pro」とともにAdDuplexの最新の投稿で言及され始めているとThurrott氏はブログに記している。

 Microsoft関係者らは7月、同社のSurface RTおよびSurface Pro製品シリーズを、同製品シリーズ用の新しい周辺機器とともにMicrosoftの2014会計年度(2014年6月30日締め)中に発売する予定だと述べていた

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]