三国大洋のスクラップブック

何がスティーブ・バルマー氏の背中を押したのか--「意外な退任発表」の裏事情 - (page 2)

三国大洋 2013年08月28日 12時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 なお、米国時間22日――Ballmer退任発表の前日に出ていたGigaOMの記事(註6)には、Value Actによる動きを見越して、Microsoftを長年カバーしてきた野村證券(米)のアナリストが投資判断を「買い」に引き上げた、などと出ている。また前月のMicrosoftの決算発表直後には、同じアナリストがその前に発表された組織再編の内容を「不十分」などとしたうえで、Value ActがMicrosoftに対して圧力をかけるために取締役会議席要求の動きに出る可能性がさらに高まった、などとする見通しを明かしたという記事も出ていた(註7)。

 また、Bloombergは米国時間26日付の記事(註8)で、このところ目立っている大物アクティビスト・インベスター(「物言う投資家」などと呼ばれるファンドの連中)らの動きをまとめている。Microsoftの話も出てくるこの記事には、春先に書いた記事に登場した連中――Carl Icahn、Daniel Loeb、Bill Ackmanの名前も出ている。

 Icahnについては、先に記した通り、Dellのバイアウトに反対する戦いの真っ最中、さらに最近ではAppleにちょっかいを出し、「9月にはTim Cookと晩飯を食いながら、自社株買い戻しについて話をすることになっている」などとtweetしてもいる。

 Daniel Loebは、例のソニー分割(エンターテイメント部門切り出し)の進言で、日本でもお馴染みの名前になってきたようだが、最近ではYahoo!に株を買い戻させて利益確定(「約11億6000万ドルで買い戻させて、粗利が6億1000万ドル」という荒稼ぎぶり:註9)

 一方、Bill Ackmanについては、Herbalife(3億2000万ドルの損失)、J.C. Penny(7億ドルの損失)とここにきて大損続きだそうである(註10)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
“真FinTech” 地域金融の行方
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
スペシャル
デジタル時代を支える顧客接点改革
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
エンタープライズトレンドの読み方
10の事情
座談会@ZDNet
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]