大元隆志のワークシフト論

2013年の働き方--インターネットの重力と可能性または焦燥 - (page 2)

大元隆志(ITビジネスアナリスト) 2013年08月29日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「会社を辞めさせる」ことがビジネスになっている

 さらに、こんなこともあった。あるイベント主催者から「SIerで働くエンジニアの未来」を考えるという趣旨のイベントを開催するので、パネリストとして登壇してほしいとの打診があった時のことである。

 クラウドの台頭でSIerのビジネスモデルは変化すると考えていたので、ぜひ登壇をと話を聞いたのだが、イベントの表向きのテーマとは裏腹に「SIerのエンジニアの危機感をあおり、スタートアップへ転職させることが狙い」なのだという。これを聞いて愕然とした。SIerで働く人間として真面目にSIerの今後を論じたいと思っていたのに、「さっさと転職した方が良い」と結論を出すのが狙いだったのだから。

 イベントのスポンサーは人材ビジネスの会社であり、当時はスマホエンジニアやソーシャルゲーム市場が勢いを見せていた時期だったので、SIer業界を「エンジニアの狩り場」として目を付けこのようなイベントを主催していたのである。

 「新しい生き方を語る」論者の背後には「ビジネス」があり、自分の生き方を考える人達のために語っているのではないのかもしれない、これが筆者の国内の働き方ブームに対して感じる「違和感」だった。

ITの変化が引き起こしている「働き方」の潮流

 かといって、「新しい働き方」の検討の必要性を否定する気はない。前述した通り、筆者自身も新しい働き方を模索し、実践する一人である。「融合する世界」の登場によって、労働環境の変化と、人々の精神面に変化の兆しが見えている。

「4+1の力」によって変化する労働環境

1.起業のハードルが下がった

 2006年5月1日から施行された「会社法」により最低資本金規制が撤廃され、事務上の手続きでは「1円起業」が可能になった。しかし、事業を行うためには「初期投資」が必要になる。オフィスを構え、従業員を募集し、宣伝のためのビラを作成し、場合によってはパソコンやサーバといったIT投資も必要になる。事務上の手続きは「1円」で行えるようになったが、事業を展開するためのコストが不要になったわけではなかった。

 しかし、クラウドやソーシャルメディアの普及により、業種によってはオフィスも不要、宣伝も不要、従業員の募集もソーシャルメディアでつながった友人達でまかない、IT投資はクラウドによって月数万程度で済むようになった。

 世界の若者は今や芸能人や総理大臣より、若くして成功したIT業界のリーダーに憧れる。25歳の若さで約40億ドルの資産を手にし、米Forbes誌が「世界で最も若い10人の億万長者」に選んだ米FacebookのMark Zuckerberg氏の影響は大きい。

 Zuckerberg氏を目指してクラウドでビジネスを展開すれば、初期投資はクレジットカードの限度枠程度のリスクで起業することができるようになった。学生のうちから仲間を集め、クラウド起業で夢に挑む若者が増えている。

2.フリーランス(ノマド)を取り巻く環境変化

 日本のインフラ環境は世界有数であり、スマートデバイスとノートパソコン、データを保管するクラウドがあれば「オフィス」がなくても場所を選ばず仕事ができるようになった。「カフェ」でAir Macを広げて仕事をするスタイルが、一部の若者を中心にブームとなった。「Wi-Fiと充電可能なカフェ」を求めて転々とする姿を「ノマド(遊牧民)」に例えられたことが「ノマドブーム」の発端だ。

 オフィスから解放されること=会社からの解放と捉え「自由になれる」と連想させるのか、会社を辞めてフリーランスになる若者が現れだした。

 

 フリーランスが仕事を受注するためのプラットフォームとして、クラウドソーシングというジャンルも注目を集めるようになってきた。これは簡単に言ってしまえばタスクを振りたい発注主と、仕事を探している受注者を仲介するサービスだ。

 

 クラウドソーシングが普及すれば、BtoB、BtoCといった企業が介在するモデルだけでなく、CtoCという、個人間で仕事の受発注が行う新たな労働市場が生まれる可能性もある「働く場所」と「収入を得る」という2つの機能を社会の中で果たす役割が、必ずしも「会社」だけのものではなくなってきた。

3.収入を得るために身体が拘束される必要がなくなった

 銀行の利子や株式投資といった財テクを除くと、収入を得る最も手軽な方法は「サービス業のアルバイト」や「内職」といった肉体を拘束されるものであった。

 クラウド決済のPayPalや、スマートデバイスによる決済が可能になったことと、電子書籍による自費出版やブログのアフィリエイト、有料メルマガのサービスを個人でも手軽に提供できるようになったことで、肉体を拘束されず収入を得る仕組みが整った。コンテンツを作るのに時間は必要だが、それさえ作ってしまえば、あとは掛け算方式で収入を得ることが可能だ。

 例えばブログによるアフィリエイトの場合、休日にブログを書いておけば、平日は通常通り会社に通っていたとしても、24時間365日ブログの訪問者へセールスを行っているとも言える。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]