デル、ミッドレンジ向けファイアウォール製品「SonicWALL NSA」新版 - (page 2)

齋藤公二 (インサイト)

2013-08-30 20:19

 ライセンスは、CGSS(Comprehensive Security Suite)パッケージライセンスの場合、ウイルス対策(Gateway Anti-Virus)、スパイウェア対策(Anti-Spyware)、侵入防止(Intrusion Prevention)、アプリケーション制御(Application Intelligence and Control Service)、コンテンツ&URLフィルタリング(Content/URL Filtering)、8x5サポートが利用できる。各機能ごとに組み合わせるライセンスも用意する。

 パフォーマンスについては、従来機種と比較して、ファイアウォールや侵入防止などの機能を有効にした場合のスループットがいずれも、2倍程度になっていることをアピールした。

スループット比較表 従来機種とのスループット比較表
※クリックすると拡大画像が見られます

 比較表の中でFirewall DPIと表記されているのは「フルDPI」の意味で、ウイルス対策、侵入防止、コンテンツフィルタなどDPIを使っているすべてのセキュリティサービスを同時に有効した場合の数字になる。Firewall DPI-SSLはそれらのSSL環境下での数字だ。

 たとえば、Firewall DPI/Firewall DPI-SSLを機種別にみると、低い順に、0.3Gbps/0.5Gpbs、0.5Gbps/0.8Gbps、0.8Gbps/1.6Gbps、1.3Gpbs/3.0Gpbsとなり、「WAN側の回線が1Gbpsが多いことを踏まえると、ミッドクラスの機種として十分なパフォーマンスを出せている」とした。

スループットNSA 3600NSA 4600NSA 5600NSA 6600
ファイアウォール(bps)3.4G6G9G12G
アプリケーションインスペクション(bps)450M800M1.6G3.0G
IPS(bps)1.1G2.0G3.0G4.5G
ウイルス対策(bps)600M1.1G1.7G3.0G
最大接続数32万500050万75万100万
最大DPI接続数17万500025万50万60万
秒間新規接続数2万4万6万9万

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]