編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

NEC、データセンターなどの空調電力を最大50%削減する省エネ冷却技術を開発

山田竜司 (編集部)

2013-09-03 14:02

 NECは9月3日、ラックに搭載されたIT機器の排熱を効率よく排除する「多段式高効率冷却技術」を開発したと発表した。同技術をデータセンターに適用すると、空調電力を最大で50%減らすことができるという。


 多段式高効率冷却技術は、NECが従来から開発してきたICT機器内に搭載して効率的な冷却を実現する「相変化冷却技術」を、複数のICT機器を搭載するラックに応用したものである。この技術は液体から気体への変化(相変化)など、大きな熱の移動が生じる現象を利用している。

 新技術により、機器から排出される熱を、拡散する前に回収し、屋外へ輸送することで、サーバルーム内の空調負荷を大幅に削減できるという。ラック当たり12kWの消費電力の場合、送風電力と冷凍機電力を合計した空調電力を最大50%削減することが可能であるとした。)。

 「NECの施設では、10台のサーバを搭載したラック背面から発せられる熱量のうち、約50%を屋外へ熱輸送することを実証した」(NEC)。

 NECは「現在、データセンターでは効率的な排熱ができないために、スペースはあってもサーバを設置できていない」と指摘。同技術をデータセンターに適用すると、ラックに実装するICT機器を大幅に増やすことが可能となり、データセンターの処理能力を高められるとアピールした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]