編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
エンタープライズモバイルの時代

モバイルデバイス全盛の時代へ - (page 2)

八子知礼(デロイト トーマツ コンサルティング)

2013-09-06 10:45

 BtoBとBtoCにまたがる領域では、コンピュータの利用形態やビジネスモデルがオンプレミスからクラウドへのシフトが起こっており、同時にPCからモバイルデバイスへのシフトといった地殻変動が起こっている。これらの大変化もいずれもコンシューマー領域が先行して起こっており、特にモバイルデバイスへのシフトはコンシューマー領域で急増してきた。


デバイスの年齢別普及率(日本) 「以下のどのデバイスを所有していますか、または使用していますか?」 出所:デロイト グローバルモバイル消費者調査 ―日本、2012年5-6月  基数:全回答者2011人、18~24歳:303人、25~34歳:430人、35~44歳:401人、45~54歳:394人、55歳以上:483人



タブレットのメーカー別シェア(日本) 以下のどのタブレットを所有していますか、または使用していますか?」

 そのモバイル加入者数はグローバルでは世界の人口に肉薄する70億加入へ迫りつつある。そのうち約20億台(約30%)をスマートフォンが占める時代となり、2016年までには50%程度まで伸びていくことが予想されている。同様に弊社デロイトのグローバルモバイル消費者調査では、世界でのタブレットの普及率は調査対象14カ国平均で10.6%であり(図2)、中でもiPadシリーズのシェアが62%と圧倒的な状況になっている。(いずれもデロイト グローバルモバイル消費者調査、2012年5月の調査結果から 図3)

   これらモバイルが急増しているのは中国、ブラジル、ロシアといった新興国での伸びによるところが大きいが、一方で先進国では前述のように、今後の伸びを占うのはコンシューマ領域のみならずエンタープライズ領域でのモバイル活用であることが想定される。

 デバイスのタイプもスマートフォンをはじめ、10インチや7インチの画面サイズのタブレット、サムスン、シャープ、富士通などに代表される5~7インチ未満の画面サイズの「ファブレット」と呼ばれるデバイスに収れんされてきており、これまでのPCとは使う用途や使い勝手も異なるデバイスが中心となってきている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]