編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ガートナーのハイプサイクルに見る、人とマシンの関係の再定義

田中好伸 (編集部)

2013-09-04 14:04

 ガートナー ジャパンが9月3日に発表した先進技術のハイプサイクル(2013年版)によると、人とマシンの関係が再定義されつつあるという。これはスマートマシンやコグニティブコンピューティング、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)などの話題が盛り上がっている状況を受けており、人とマシンを分ける境界を狭めるさまざまな新技術があると解説している。

 ハイプサイクルは、2000以上の技術を98の分野にグループ化し、その成熟度や企業にもたらすメリット、今後の方向性についての分析情報を企業の戦略やプランニングの担当者に提供する。特に高い関心を集めている技術、潜在的に大きな影響力を持っているとガートナーが判断した技術に焦点が当てられている。

 2013年版のハイプサイクルでは、ビッグデータや複合イベント処理(Complex Event Processing:CEP)、インメモリデータベース管理システム、ウェアラブルユーザーインターフェース、ゲーミフィケーションが“過度な期待”のピーク期にある。拡張現実(Augmented Reality:AR)やNFC、クラウドコンピューティング、インメモリ分析などが幻滅期にある(仮想世界も幻滅期にあることに驚く読者も多いのではないだろうか)。


2013年の先進技術のハイプサイクル(出典:ガートナー ジャパン)

 今回のハイプサイクルで最優先テーマとなっているのが、人とマシンの進化する関係だ。機械とコンピュータが人間に取って代わるという狭い視野を超えて、将来を見据えられるようにしたいとガートナーは考えているという。

 新技術の初期採用者(アーリーアダプタ)の利用方法を監察すると、(1)人間の能力の増大、(2)従来は人が行っていた仕事のマシンでの代行、(3)人とマシンのコラボレーション――という3つの傾向があると分析している。

 (1)は、例えば従業員がウェアラブルコンピュータを利用することを踏まえている。(2)は、自動的に顧客に応答するためにコグニティブ仮想アシスタントであり、(3)は倉庫でスタッフとともに機能して荷物を運ぶモバイルロボットを想定している。

 今回発表された先進技術のハイプサイクルについては、10月15~17日に開催される同社イベント「Gartner Symposium/ITxpo」で講演する予定となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]