編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

米ヤフー、透明性レポートを初めて公開--各国政府からの情報提供要請件数を開示

Edward Moyer (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一 (ガリレオ)

2013-09-07 12:33

 米Yahooはグローバル透明性レポートを初めて公開した。これは米政府の監視機関に積極的に協力しているとの疑惑を抑えようと努めている他のハイテク企業と協調する動きだ。

 このレポートは米国時間2013年1月1日から6月30日までの6カ月間を対象としており、Yahooが法人登記している国で、政府から何件の顧客データ提供要請を受け取ったか、または処理したかを示している。対象は、北米、アジア太平洋、欧州、中南米の4地域だ。

 レポートによると、この期間にYahooの米国部門は「何か受け取ったものがあるとすれば、犯罪捜査当局による要請や、外国諜報活動偵察法(FISA)および国家安全保障書簡(NSL)を含む米国家安全保障当局の権限に基づく要請など」で、政府から1万2444件のデータ提供要請があったという。この要請件数は、他のどの国よりもはるかに多い。

 Yahooは、この数字をさらに詳細に示すことは許可されていないと述べた。例えば、これらの要請のうち具体的に何件が米国家安全保障局(NSA)からのものかは明らかにできないという。

 NSAによる「PRISM」プログラムへのハイテク企業の関与については、The GuardianThe Washington Postが2013年6月に初めて報道したことで疑惑に火が付いた。両紙は、NSAが企業のサーバに「直接アクセス」していると伝えていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]