編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

「iPhone 5s」、カメラ機能が大幅に向上

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2013-09-11 12:28

 「iPhone 5」のカメラについて、大きなアップデートはさほど期待されていなかったが、「iPhone 5s」でいくつかのうれしい驚きがあった。

  • 1.5ミクロン大のピクセルで、同じ8メガピクセルでもiPhone 5より15%大きくなったセンサ
  • 開放F値がf2.4からf2.2になり光感度が向上した5層レンズ
  • 1秒間に10枚のバースト(連写)モード
  • 毎秒120フレームのスローモーション動画撮影
  • マルチショットとバーストモードのベストショット選択
  • 撮影後の画像加工ではなく、撮影時に色温度を測定してフラッシュの白い光を調節する「True Tone」フラッシュ
  • 静止画像向けの自動手ぶれ補正機能
  • パノラマ撮影時に、風景の部分的な明暗を自動解析して動的に露出を補正する機能

 これらの機能の大半は、写真処理を行う64ビットの「A7」チップによって可能になったと推測される。開放F値のf2.4からf2.2への向上は、うわさされていたf2には届かず、センサが小さいので著しい違いは生じないものの、画質が良くなったのは確かだ。携帯電話カメラのレンズ口径が大型化する場合の問題は、可変できず固定される傾向があることだ。小さなセンサで撮影された写真では、焦点が合っていない領域の粒子が非常に粗く見えがちで、各色の境界が目立つようになる。


これらの拡大部分はiPhone 5sが優れている理由を表しているが、dSLRの品質には遠く及ばない。
提供:Apple

 前述のソフトウェア機能の大半は、全自動カメラに一般的に搭載されている機能だ。たとえば、マルチショットモードは、1秒に10枚のバーストモードと同様に静止画像を連続撮影し、その中から最もシャープな写真を自動的に選び、画像分割と分析に基づいて露出を補正する。フラッシュ撮影時のホワイトバランスに関しては、LEDだと通常はひどいフラッシュになるので、フラッシュの色と周囲の光の両方を計算して調節するのは大きな工夫だ。Appleによると、撮影後の処理で補正するのではなく、発光時にフラッシュの色温度を変更するという。フラッシュ機能では、「クール(青色)」とアンバーという2つのLEDが使われる。

 「iPhone 5c」は、やはり8メガピクセルだが、iPhone 5から刷新されたとされる裏面照射(BSI)センサを搭載している。前面カメラは、1.9ミクロンのピクセルを備え、光量が少ない時の性能が向上し、HD画質をサポートする。

 新しい「iOS」を搭載する製品を購入すると、無料バージョンの「iPhoto」と「iMovie」(実際には、すべての「iWork」アプリ)を入手できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. windows-server

    伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書

  2. コミュニケーション

    在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例

  3. 運用管理

    3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説

  4. 運用管理

    3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?

  5. 仮想化

    なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]