編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

アップル、「iPhone 4S」8Gモデルを無料提供へ

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2013-09-11 13:53

 Appleは、「iPhone 4S」をサービスプロバイダーとの2年契約付きで無料で提供する予定だ。ただし、標準モデルのiPhone 4Sとは異なり、新たなモデルに搭載される容量はこれまでの半分の8Gバイトとなる。Appleが発表した、このローエンド版の特殊モデルは、新価格に見合った仕様となっている。

 これは新しい戦術ではない。Appleは「iPhone 4」が旧モデル化したときにも同様に、ストレージ容量を8Gバイト減らしている。

 その狙いは、iPhone 4Sと、新たに登場した「廉価版の」iPhone、すなわち「iPhone 5c」との間にある程度の差を設けることだ。2年契約付きで99ドルのiPhone 5cは、さほど安くはないが、16Gバイトのストレージを備えることに加え、より改良された仕様になっており、消費者はこの2モデルのどちらにするかを検討することになるだろう。

 新たに8GバイトにダウングレートされたiPhone 4Sでは、増大するアプリや映画、写真を保存するためのメモリ空間が少なく、同時にモバイルOSが使用できる容量も限られる。また、拡張可能メモリがないため、ユーザーはその限られた容量の中にあらゆるものを詰め込む方法を考え出すのに四苦八苦することになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]