編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

日本オラクル、サプライチェーンを支援するインメモリアプリケーションを発表

怒賀新也 (編集部)

2013-09-17 18:53

 日本オラクルは9月17日、企業のサプライチェーン業務を支援するインメモリアプリケーション製品の提供を開始したと発表した。ロジスティクス、需給計画、原価計算などの業務に利用する4種類のアプリケーションを提供する。

 製品名は「In-Memory Cost Management」「In-Memory Logistics Command Center」「In-Memory Consumption Driven Planning」「In-Memory Performance Driven Planning」。

 新製品は、企業のサプライチェーン業務において基幹システムのデータをもとに計算し、高速な分析やシミュレーションが求められるロジスティクスや需給計画、原価計算を実行する。ハードウェアとソフトウェアを一体化した垂直統合型システム「Exadata Database Machine」と、アプリケーションを集約し高速実行させる「Exalogic Elastic Cloud」、分析マシン「Exalytics In-Memory Machine」を基盤に稼働する。

 垂直統合型システムの特徴を生かし、従来比約9倍という高速処理を実現し、サプライチェーン業務における生産性向上と迅速な意思決定を支援するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]