編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

パブリッククラウド「Oracle Cloud」拡張--Oracle DBとJavaをサポート

山田竜司 (編集部)

2013-09-27 17:57

 米Oracleは米国時間9月24日、パブリッククラウド「Oracle Cloud」の拡張を発表した。「Oracle Database as a Service」「Oracle Java as a Service」「Oracle Infrastructure as a Service」を追加した。

 Database as a Serviceでは、専用データベースインスタンスを制御して、任意の「Oracle Database」アプリケーションをサポートしている。専用のデータベースインスタンスは、テスト済みの構成をベースに、ハイパーバイザ「Oracle VM」の仮想環境となっている。

 Java as a Serviceでは、専用のウェブアプリケーションサーバ「Oracle WebLogic Server」クラスタを使い、任意のJavaアプリケーションを開発、展開できる。今回のDatabase as a ServiceとJava as a ServiceはOracle CloudのPaaS「Oracle Cloud Platform Services」を補完する。

 Cloud Infrastructure as a Serviceは、任意のアプリケーションをサポートするための汎用の仮想CPUとストレージを提供する。具体的には、オープンソースのクラウド基盤ソフト「OpenStack Nova」との互換性を持つコンピューティングサービスと、仮想環境構築ツール「Oracle Virtual Assembly Builder」、Oracle VMのテンプレートを展開できる環境を提供する。Oracleの開発フレームワークである「Maximum Availability Architecture」を参照できるため、可用性の高い設計が可能という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]