編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

次期「iPad」、「Touch ID」を搭載するか?--検証ビデオが公開

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2013-10-03 11:57

 Appleによる「iPad」の次回刷新に関する大きな疑問としては、「iPhone 5s」に搭載の「Touch ID」テクノロジが採用されるかというものがある。新しいiPadは、10月に発表されると期待されている。

 Unbox Therapyが、新たな動画でその可能性を探っている。同動画では、AppleがiPadの旧モデル(2012年発売モデルも含む)で採用したホームボタンは、次期モデルのものとして出回っている一部の前面ガラスパネルに収まらないと指摘している。

 Unbox Therapyは、Apple製タブレットの次期モデルに組み込まれると思われるリークされた部品を他にも多数投稿している。Unbox Therapyは、iPhone 5sのTouch IDセンサが次期iPadと「iPad mini」向けパネルの開口部に完全に収まることを示している。このことは、Appleが次期デバイスに同ハードウェア機能を搭載する計画であることを示唆しているようだ。

提供:Unbox Therapy
提供:Unbox Therapy

 AppleがiPadの次期モデルにおいて同テクノロジの採用を見送るならば、主な理由の1つとして考えられるのは、同センサを大量生産することの困難さだ。このことは、iPhone 5sの生産を遅らせ、在庫不足の原因となったとされている。

 Appleは、10月にイベントを開催し、そこで両モデルを披露することが期待されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]