編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
トップインタビュー

元LG副社長が舵取り--韓国ソフトベンダーTmaxが強化するグローバル展開のキモ

田中好伸 (編集部)

2013-10-03 17:28

 韓国のソフトウェアベンダーTmaxSoftは9月に、リレーショナルデータベース(RDBMS)の新版「Tibero 6」、データ分析基盤ソフトウェアの新版「InfiniData 3.0」などを発表した。

 同社は、1997年に朴大演(パク・デヨン)氏が創業(現在同社の最高技術責任者=CTO)。2000年にウェブアプリケーションサーバ「JEUS」、メインフレームをUNIX/Linuxに移行するためのソフトウェア群「OpenFrame」を展開、2003年からリレーショナルデータベース(RDBMS)のTiberoを提供している。「Oracle Database」互換というTiberoは、これまでに1000以上のサイトで導入され、9月に開催された自社イベントの中で朴氏は「韓国内ではデファクトスタンダード(事実上の標準)のデータベース」と説明した。


TmaxSoft 代表取締役社長 邊京勳氏

なぜ海外市場に進出するのか

 同社は以前から、日本と米国、中国という3つの海外市場への展開を進めている。日本法人の日本ティーマックスソフトは2000年、米国法人は2002年、中国法人は2003年にそれぞれ設立されている。以前から海外展開を進めている同社だが、2012年には海外市場への展開するための体制を再編し、代表取締役社長に邊京勳(ビュン・キョンフン)氏が就任し、海外市場を統括している

 邊氏は、Tmaxがグローバルに展開する背景として「韓国の国内市場の規模が小さい」ことを挙げている。成長するからには、より大きな市場を目指すという、企業にとっては当たり前の選択肢である。これは、Tmaxだけではない。スマートフォンの大手メーカーであるSamsungやLG Electronicsも早くからグローバル市場に打って出たことで、現在の地位を築き上げたと言える。

 2012年の国内総生産(GDP)で見ると、韓国は1兆1550億ドルで日本は5兆9630億ドル。単純に比較すると、韓国は日本の5分の1の大きさ。韓国企業は、企業としてのより大きな成長を志向した時点でグローバル展開を強いられるという表現は大袈裟ではない(この背景を考えれば、韓流アイドルがなぜ日本に進出するのかも想像できるだろう)。

 企業ITの世界でグローバルに展開するとなると、競争相手はIBMやOracle、Microsoftなどの巨大ベンダーだ。邊氏も、そのことは理解しており、グローバル戦略の中で大きな市場である米国市場について「世界の44%を占める米国市場はグローバルプレーヤーにとっての庭。Tmaxに取って厳しい世界」との認識を示している。

 だが、邊氏は「Tmaxは徹底した研究開発を進めている、研究開発がTmaxの中心」と同社の技術力に自信を持っている。「(創業者である)朴氏がCTOとなっており、朴氏を中心に製品のロードマップを作っている。これがTmaxの力になっている」(邊氏)

ハードもソフトも基本は同じ

 邊氏が同社の代表取締役社長に就任したのは2012年。邊氏がそれ以前に務めていたのはLG Electronicsだ。邊氏は1981年にLG Electronicsに入社してから長い間、海外市場を渡り歩いた。1986年から英国、1992年から欧州、1997年から旧ソ連、2005年から中国、2007年から南米といった具合に海外市場を担当してきた。

 2010~2012年には韓国本社でテレビなどのホームエンタテインメント製品の海外市場マーケティングを統括する副社長も務めた。この経験と手腕を買われて、グローバル進出を本格化させたいTmaxに誘われたことは想像に難くない。

 LG ElectronicsとTmaxを一括りにすれば、同じIT業界だ。だが、LG Electronicsはハードウェア中心であり、Tmaxはソフトウェア中心だ。Tmaxからの誘いを邊氏は当初断っていた。

 「海外市場で多くの経験をしたが、ハードウェア中心のビジネスだった。ソフトウェアは知らなかった。ビジネスは専門性が重要であることを理解していたので(Tmaxからの)提案を最初は断った」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]