編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
クラウドと仮想化

仮想デスクトップの光と影--Windows XPのサポート終了は起爆剤となるか - (page 3)

大川淳

2013-10-11 07:30

活用手法には、複数の選択肢がある

 デスクトップ仮想化には、さまざまな方法がある。まず、ターミナルサービスでは基本的に、すべての処理はサーバ/データセンター側で実行される。これに関わるすべてのデータはデータセンターで扱われ、格納される。クライアントマシンは、ディスプレイ、入力装置としての役割だけを担い、無論、こちら側にはデータも保存されない。

 ブレードPCは、サーバ/データセンター側に、ブレード型のPCが設置され、プロセッサやチップセットなど一般的なPCと同様のコンポーネントが用いられる。クライアント側では、やはり、ディスプレイや入力装置だけの機能を受け持つことになるわけだが、クライアント側とサーバ側を1対1の構成(1対多の構成もある)にすれば、パフォーマンス低下を避けることができ、特定のクライアントで発生した障害が他に影響することはない。

 仮想PC方式は、サーバ/データセンター側に、ユーザーごとの仮想パソコンを設け、この仮想パソコン上でアプリケーションを動作させる形式になる。これら仮想PCは、ハイパーバイザが管理し、サーバ/データセンター側では、複数のOSが稼働する。そのため、サーバ上にクライアントごとの仮想環境を構築することができ、クライアント側からすると、あたかも、1つのクライアントに1つのサーバというような図式が成立しているようにみえる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]