編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日本HPとデロイトトーマツがリスク対策で連携--SOC構築を視野に

山田竜司 (編集部)

2013-10-11 16:52

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)とデロイト トーマツ リスクサービスは10月11日、セキュリティリスク分野で連携することを発表した。コンサルティングサービスの提供を開始した。

 日本HPが提供する、セキュリティ情報とセキュリティ事故などのイベントを管理する(Security Information and Event Management:SIEM)ソフトウェア「HP ArcSight」と、デロイト トーマツ リスクサービス「サイバーセキュリティ戦略立案およびSOC構築支援サービス」を融合し、セキュリティ監視センター(SOC)を構築できる総合的なセキュリティサービスを提供するという。

 両社の提供するSOCの構築サービスでは、構築の推進方法や技術動向、セキュリティインシデント事例、組織や業界の特徴などをふまえ、SOC構築のための構想立案、要件定義など各種設計を実施する。

 日本HPは、ArcSightの導入を支援したり、システムを構築したりする。デロイト トーマツ リスクサービスでは、「セキュリティ戦略の立案」「課題対応方針の策定」「構想計画書作成」「各種要件定義書・設計書作成」など、組織におけるセキュリティ全体最適の戦略やロードマップを策定し、具体的な設計をサポートする。

 同サービスではセキュリティサービスの要件である以下の5つをもとに設計される。

  • ITコンシューマライゼーションやモバイルコンピューティング、クラウドの採用、サイバー脅威とソーシャルメディアテクノロジー拡散の時代におけるリスク管理への対応
  • 巧妙さを増す脅威に対するセキュリティ対策
  • セキュリティインシデントの検出と対応時間の向上
  • 管理コストの低減およびセキュリティ関連予算の効率的な使用
  • 予測可能かつ費用対効果に優れるコンプライアンスの実現

 これらから企業ごとにどのようなリスクが存在するかを把握し、個々のリスクの重要性を評価したのち、取るべき対策やその優先順位を提案する。

 両社の米法人同士は同様の連携をすでに米国で展開している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]