ビッグデータは勝つための要件--米テラデータ、クラウドにデータウェアハウス

田中好伸 (編集部) 2013年10月22日 13時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イベント「Teradata 2013 PARTNERS」が10月20~24日に開催されている。イベント2日目となる米国時間10月21日に米Teradataはデータウェアハウス(DWH)の新製品としてエントリレベル向けの「Teradata Data Warehouse Appliance 2750(DWA 2750)」と大容量分析専用の「Teradata Extreme Data Platform 1700(EDP 1700)」を発表した。

 あわせて、同社のDWH専用データベース「Teradata Database(Teradata DB)」をクラウド上で利用できる「Teradata Cloud」の米国内での提供を開始したことも発表した。


Teradata Data Warehouse Appliance 2750

Teradata Extreme Data Platform 1700

Hadoopを取り入れたアーキテクチャ

 Teradata DBが基本となるDWA 2750とEDP 1700はTeradata独自のアーキテクチャ「Teradata Unified Data Architechture(UDA)」を形成するコンポーネントにもなり得る。UDAは“統合データウェアハウス(Integrated Data Warehouse)”と“データ基盤(Data Platform)”、そして“ディスカバリー基盤(Discovery Platform)”という3つのコンポーネントで構成される。

 データ基盤は、例えば統合基幹業務システム(ERP)やサプライチェーン管理システム(SCM)、TwitterやFacebookなどの社外のソーシャルメディアのテキストデータ、センサデータをとらえる場所であり、ディスカバリー基盤は、データ基盤にあるデータの中から有用な情報を探すための場所になる。

 データ基盤のデータとディスカバリー基盤の情報は、統合データウェアハウスに貯えられ、ビジネスインテリジェンス(BI)ツールやアナリティクスアプリケーション、マーケティングツールで活用できるという仕組みだ。統合データウェアハウスは、データ基盤とディスカバリー基盤を掛け合わせたデータや情報が貯蔵されている。BIツールやアナリティクスアプリケーション、マーケティングツールはデータ基盤とディスカバリー基盤に直接アクセスすることも可能だ。

 このデータ基盤の実態は、オープンソースソフトウェア(OSS)の分散並列処理プログラミングフレームワークの「Apache Hadoop」であり、ディスカバリー基盤の実態は、構造化データと非構造化データも分析するソフトウェア「Teradata Aster」になる。統合データウェアハウスの実態はTeradata DBだ。

データが自動的に移動

 DWA 2750ついて、同社のTeradata Labsのトップを務めるScott Gnau氏はインメモリを活用したことを特徴に挙げている。同製品には「Teradata Intelligent Memory」と呼ばれる技術を活用している。この技術で、「アプリケーションを書き換える必要がない」という。

 以前からTeradataはデータの“温度”に注目している。例えば、システムに入力された1週間後のデータはアクセス頻度が高いことから“ホットデータ”、数週間や数カ月経ったデータはそれほどアクセスされなくなることから“ウォームデータ”、1年以上誰にもアクセスされなくなったデータは“コールドデータ”といった具合だ。


Scott Gnau氏

 Intelligent Memoryや「Teradata Virtual Storage」といった技術は、これらのデータの温度にあわせて自動的に格納される場所を移動させる。ホットデータはシステムのボトルネックにならないメモリに、ウォームデータは高速のハードディスク(HDD)に、コールドデータは「Teradata Compress On Cold」技術で圧縮して低速のHDDに格納するといったことができる。

 Gnau氏は「これらは透過的に行われる」と説明。つまり、単一の画面から特別な操作をそれほど必要とせずにできるという。「自動的にデータは移動する。アプリケーションを書き換えることもない。データベースアーキテクト(DBA)が頑張る必要もない。SQLを変える必要もない」(Gnau氏)

 EDP 1700についてGnau氏は「圧縮された1Tバイトあたり2000ドルを処理できる」ことを特徴とした。この処理単価という問題では、ユーザー企業は1Tバイトあたり5000ドル以下のものがないかと探していたという。EDP 1700はこうした課題に応えたことになる。EDP 1700では、リレーショナルデータを内部に貯え、処理もできるとそのメリットを説明した。

 米国での出荷はDWA 2750が11月から、EDP 1700はすでに出荷が始まっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]