編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日立、クラウドストレージサービスを強化--複数拠点のデータを一括管理

山田竜司 (編集部)

2013-10-24 17:51

 日立製作所は10月23日、企業などの複数拠点、部門で発生するデータを自動的にデータセンター内のストレージに集約し、一元的な管理ができるクラウドストレージサービス「Cloud on-Rampソリューション」(Cloud on-Ramp)を強化すると発表した。

 ユーザー部門の各拠点に設置すると、クラウド環境の入口(Cloud on-Ramp)として機能し、データセンター内のストレージへのデータの自動集約が可能な専用小型端末「Hitachi Data Ingestor」(HDI)を新たに開発した。Cloud on-Rampを基盤とし、クラウドストレージサービスを提供するパートナー企業を対象に10月25日から提供を開始する。


データセンターへデータを自動集約し運用管理を効率化

 これにより、パートナー企業を通じて、従来はコスト面やストレージの設置場所などの事由から導入が難しかった中堅、中小企業などにおけるクラウドストレージシステムの導入を促進するという。

 今回のサービス強化では、災害などでファイルプラットフォームやHDIが損傷した場合、拠点側からアクセス要求のあったデータから順に復旧する機能や、各拠点の仮想ファイルプラットフォームやHDIからデータセンター側のストレージに集約されたデータを、他の拠点から参照できる機能を追加した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]