東洋ビジネスエンジニアリングとインフォマティカ、マスターデータ管理で協業

山田竜司 (編集部)

2013-10-29 16:12

 東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)とインフォマティカ・ジャパンは10月29日、マスターデータ管理(MDM)分野で協業すると発表した。B-EN-Gは、マスターデータ管理ソフトウェア「Informatica MDM」を中心としたインフォマティカのデータ管理製品を販売し、2年間で4億5000万円の売り上げを目指す。

 MDMは、企業内の情報システムが扱う基本となるマスターデータを管理するためのシステム。マスターデータとなるのは、顧客情報や商品情報など。複数のシステムでそれぞれマスターデータを管理していてはデータの不一致や不整合が発生し、システムの品質を低下させることにもつながると指摘されている。

 Informatica MDMは、特に大規模で複雑なシステム環境に向いたマスターデータ管理基盤として、統合基幹業務システム(ERP)を含む基幹系とそのほかのさまざまな個別システムから構成されるシステム環境の課題解決に強いという。

 両社は、Informatica MDMとERPの導入実績が豊富なB-EN-Gのノウハウを組み合わせ、中規模から大規模なシステム環境でのマスターデータ管理の課題に応えるとした。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]