編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
エンタープライズモバイルの時代

スマートデバイス導入における落とし穴--上(デバイス、アプリ編) - (page 4)

千葉友範(デロイト トーマツ コンサルティング)

2013-11-01 07:30

 もちろん、取扱説明書をつけ、それを読んでもらえばいいわけだが、それでは、スマートデバイスのUI設計としてはとても残念な状況である。こうしたスマートデバイスは、取扱説明書がなくても直感的に操作できるUI設計が成功のカギとなり、利用率を底上げし、導入効果を分析しやすくなる。

 冒頭で述べてきたように、スマートデバイスは先駆的な企業のケースが示すように、非常に便利なツールであり、さまざまな経営効果をあげることは間違いない。ただし、そこにはユーザー企業からの質問で例示したように、いくつかの落とし穴がある。その落とし穴に陥らないよう、導入前には以下の3点に留意頂くことを強くお勧めしたい。

【スマートデバイス導入前のチェック項目】

To-Do1:グランドデザインの設計

  • スマートデバイスを導入して何を実現したいのか定義できているか?
  • スマートデバイスを導入すると「何が」、「どう」変わるのか定義できているか? (どんな働き方になるのか?)
  • 経営にはどんな効果がでるのかKPIを定義できているか?

To-Do2:ロードマップの設計

  • 何をいつまでに実現するべきなのか?(必ずしも一度に、すべてやる必要はない)
  • 「どの機能」を「いつ」リリースするのか?
  • 段階リリースの予定があればスケジュールを可視化しているか?

To-Do3:ペルソナデザイン

  • どんな人が使うのか定義できているか?
  • 年齢、性別、ライフスタイル、性格、リテラシーなどを決定した上で、利用時 のシーンを具体的な物語として定義できているか

 次回は、スマートデバイス導入における落とし穴(下)と題して、私物端末の業務利用(BYOD)導入を含め、スマートデバイス導入によって変わるワークスタイルについて言及し、検討しておくべきポイントを解説する。

千葉 友範
デロイト トーマツ コンサルティング マネージャー
大学院在籍中にIT系ベンチャー設立に参画を経て現在に至る。業務改革プロジェクトを中心に実施し、近年では、デジタルデバイスを活用したワークスタイルチェンジや販売力強化など、戦略策定から実行支援までプロジェクトを多数実施。「会社で使う タブレット・スマートフォン2013」など執筆多数。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookTwitterRSSメールマガジンでも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]