編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

国内ITサービス市場は再び回復軌道に

山田竜司 (編集部)

2013-10-30 14:32

 IDC Japanは10月30日、情報システムの構築や導入、運用などの国内ITサービス市場の予測結果を発表した。2012年にプラス成長に戻した国内ITサービス市場は、2013年以降も景気の回復などを背景に成長を続け、2017年の市場規模は5兆3151億円、2012~2017年の年平均成長率は1.5%になると予測する。一方、構造的には低成長化しているという。

 国内ITサービス市場は、2012年末の減速後、再び成長軌道に乗った。2012年に同市場の回復局面をけん引した製造業は、2013年もシステムの更新やプライベートクラウドへの移行などITサービスを拡大している。金融業も銀行などで支出が回復している。

 一方、製造業と並び2012年に堅調だった通信事業者のITサービス支出は、スマートフォン関連システム需要が一巡し、減速した。

 サービス別では、2012年には低調だった「ITアウトソーシング市場」が、運用需要の高まりや大型アウトソーシング契約のサービスイン、既存アウトソーシング契約の下で行われる開発案件の増加などにより、SIやITコンサルなど「プロジェクトベース市場」の成長を上回る見込みとした。

 IDCは「国内ITサービス市場は、ビッグデータやアナリティクス、モビリティなどに関連したコンサルティング、システム構築などの需要が増えていく。一方、中長期的には国内経済の低成長や企業の海外進出やIT予算の海外シフト、低価格サービスの利用拡大などにより構造的に低成長化している」と説明している。


2011~2017年 国内ITサービス市場 支出額予測 (IDC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]