編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
三国大洋のスクラップブック

「より軽く、薄く、高速に」--iPad Airにみるアップルの愚直さ - (page 2)

三国大洋

2013-10-31 18:03

 ところが、「iPhone 5s」から採用された64bit「A7」SoCは、製造プロセスが28nmまで縮小された(A6Xチップまでは32nm)おかげで、処理性能が高まっただけでなく、消費電力も少なくなった……などとする記述がある)。

 さらにこの記事の筆者は、ディスプレイ自体もシャープのIGZOもしくはそれに類するものが採用され、消費電力節約に寄与しているのではないか、と推測している(「Appleのことゆえ、真相は誰かが実物を分解してみるまでわからないだろうが」とのただし書き付きで、この筆者はiPad Airと、そして新たにRetinaディスプレイが搭載された新型iPad miniの発表の際に、「バックライト関連の技術が改良されている」という発言があったというのを根拠に、そう書いている)。

 いずれにしても、そうした大規模な作り直しの成果が出て、iPad Airの駆動時間は前機種並みの公称約10時間――AllThingsDのMossbergによる実測では、Appleの公称よりさらに長く、かなりハードな使い方でも12時間ほど持ったらしい。

Speed and Power Packed Into a Thin iPad Air - AllThingsD

 なお、MossbergはiPad Airの長所として、「サイズと重量(小型化・軽量化)」「バッテリー駆動時間の長さ」「スピード(処理速度、通信速度)」の3つを挙げる一方、短所については値段の高さ(他社製品にくらべて)を挙げている。

 USA TodayのEd Baigは、iPad Airレビューのポイントとして「軽量化」のほか「対応アプリの豊富さ」を挙げた一方、できれば「Touch IDもついていると良かったのだが」とした上で、「すでにiPadを保有しているのであれば、必ずしもアップグレードしなくてもいい」と指摘。なお、Baigのよるテスト――画面輝度を最大にして、Wi-Fi経由で受信したストリーミング動画を表示――では、バッテリーが約5時間半しか持たず、「Microsoft Surface 2」の7時間弱に及ばなかったという(もっとも、「普通の使い方ならもっと長持ちするだろうが」とするただし書きもある)。

Thin iPad Air is most tempting tablet yet - USA Today (USA Todayにも動画レビューがあるが、あいにくとembedタグが見つけられなかった)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]