編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
三国大洋のスクラップブック

「より軽く、薄く、高速に」--iPad Airにみるアップルの愚直さ - (page 2)

三国大洋

2013-10-31 18:03

 ところが、「iPhone 5s」から採用された64bit「A7」SoCは、製造プロセスが28nmまで縮小された(A6Xチップまでは32nm)おかげで、処理性能が高まっただけでなく、消費電力も少なくなった……などとする記述がある)。

 さらにこの記事の筆者は、ディスプレイ自体もシャープのIGZOもしくはそれに類するものが採用され、消費電力節約に寄与しているのではないか、と推測している(「Appleのことゆえ、真相は誰かが実物を分解してみるまでわからないだろうが」とのただし書き付きで、この筆者はiPad Airと、そして新たにRetinaディスプレイが搭載された新型iPad miniの発表の際に、「バックライト関連の技術が改良されている」という発言があったというのを根拠に、そう書いている)。

 いずれにしても、そうした大規模な作り直しの成果が出て、iPad Airの駆動時間は前機種並みの公称約10時間――AllThingsDのMossbergによる実測では、Appleの公称よりさらに長く、かなりハードな使い方でも12時間ほど持ったらしい。

Speed and Power Packed Into a Thin iPad Air - AllThingsD

 なお、MossbergはiPad Airの長所として、「サイズと重量(小型化・軽量化)」「バッテリー駆動時間の長さ」「スピード(処理速度、通信速度)」の3つを挙げる一方、短所については値段の高さ(他社製品にくらべて)を挙げている。

 USA TodayのEd Baigは、iPad Airレビューのポイントとして「軽量化」のほか「対応アプリの豊富さ」を挙げた一方、できれば「Touch IDもついていると良かったのだが」とした上で、「すでにiPadを保有しているのであれば、必ずしもアップグレードしなくてもいい」と指摘。なお、Baigのよるテスト――画面輝度を最大にして、Wi-Fi経由で受信したストリーミング動画を表示――では、バッテリーが約5時間半しか持たず、「Microsoft Surface 2」の7時間弱に及ばなかったという(もっとも、「普通の使い方ならもっと長持ちするだろうが」とするただし書きもある)。

Thin iPad Air is most tempting tablet yet - USA Today (USA Todayにも動画レビューがあるが、あいにくとembedタグが見つけられなかった)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]