大河原克行のエンプラ徒然

MSの研究開発を画で見る--第3回:Kinectを中心としたナチュラルUIの進化 - 4/6

大河原克行

2013-11-07 12:00

Kinect for Sign Language
 全世界の難聴者は3億6000万人といわれており、中国でも21万人が難聴患者だという。こうした難聴者は、コミュニケーションの障害に直面しているのが現状だ。
 Kinect for Sign Languageは、Kinectを使用することで手話を理解するツールであり、Bing辞書や翻訳技術、言語モデリング、3Dモデリングといった技術を活用し、自然言語処理と音声合成機能で会話ができるようになっている。
 MSRAでは「聴覚障害者の生活を向上させられる技術であり、コミュニケーションの障壁を打ち破ることができる」と説明している。この技術は、コンピューティング技術研究所、中国科学院、北京連合大学と提携して研究しているという。

Kinect for Sign Language
 全世界の難聴者は3億6000万人といわれており、中国でも21万人が難聴患者だという。こうした難聴者は、コミュニケーションの障害に直面しているのが現状だ。
 Kinect for Sign Languageは、Kinectを使用することで手話を理解するツールであり、Bing辞書や翻訳技術、言語モデリング、3Dモデリングといった技術を活用し、自然言語処理と音声合成機能で会話ができるようになっている。
 MSRAでは「聴覚障害者の生活を向上させられる技術であり、コミュニケーションの障壁を打ち破ることができる」と説明している。この技術は、コンピューティング技術研究所、中国科学院、北京連合大学と提携して研究しているという。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]