大河原克行のエンプラ徒然

MSの研究開発を画で見る--第3回:Kinectを中心としたナチュラルUIの進化 - 6/6

大河原克行

2013-11-07 12:00

Kinect for Home-based Upper Limb Rehabilitation of Stroke Patients
 Kinectを用いたリハビリテーションシステム。Kinectで腕や手、指の動きなどを認識。画面に表示された物体をバーチャル環境で持ち上げたり、置いたりといったことができる。
 脳卒中後の患者のリハビリなどに活用できるとしており、運動機能回復のために効果的なシステムであると位置付ける。安く提供できるほか、ゲームのような要素を加え、患者をやる気にさせるための自動機能評価ツールを提供する。
 将来的には、シンプルな機能を持ったリハビリテーションプログラムとして提供する予定だ。

Kinect for Home-based Upper Limb Rehabilitation of Stroke Patients
 Kinectを用いたリハビリテーションシステム。Kinectで腕や手、指の動きなどを認識。画面に表示された物体をバーチャル環境で持ち上げたり、置いたりといったことができる。
 脳卒中後の患者のリハビリなどに活用できるとしており、運動機能回復のために効果的なシステムであると位置付ける。安く提供できるほか、ゲームのような要素を加え、患者をやる気にさせるための自動機能評価ツールを提供する。
 将来的には、シンプルな機能を持ったリハビリテーションプログラムとして提供する予定だ。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]