編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ドコモのALADIN--日本最大級の顧客情報管理システムに見るWebLogic活用法 - (page 2)

森英幸

2013-11-07 07:30

インターフェースを統一したことで業務ロジックをスリム化

 新井氏に続いて登壇したのは、NTTドコモ 情報システム部顧客システム開発推進担当 主査の吉田孔昭氏。同氏からは、NTTドコモの顧客情報管理システム「ALADIN」において、WebLogic Serverをどのように活用しているのかが語られた。

 ちなみに、毎年サンフランシスコで開催される「Oracle OpenWorld」では、オラクル製品を使って先進的な取り組みを実現したユーザー企業を表彰する「Oracle Excellence Awards」の表彰式が行われるが、NTTドコモはこのALADINプロジェクトにより、今年のOracle Excellence Awardsを受賞している。

NTTドコモ 情報システム部顧客システム開発推進担当 主査 吉田孔昭氏
NTTドコモ 情報システム部顧客システム開発推進担当 主査 吉田孔昭氏

 ALADINは全国のドコモショップとインフォメーションセンターをつなぐ顧客情報管理システムであり、顧客情報入力から与信チェック、電話番号払い出しなどなど、契約と販売に関するあらゆる業務を担っている。携帯キャリアとして国内最大契約数を誇るNTTドコモの心臓部と言ってもいいシステムだ。

 1996年に稼働を開始したALADINは、2010年にアプリケーションとデータ構造を見直す大規模改修を受け、Javaベースのシステムに生まれ変わった。さらに、この2013年2月にはアプリケーション基盤(ハードウェア、OS、アプリケーションサーバ)を更新し、現在の構成になっている。

 吉田氏によると、2010年の大規模改修では開発効率の改善を優先した結果、端末とアプリケーションサーバ間でやり取りするJavaのオブジェクトサイズが巨大になったという。

「以前のシステムでは、住所変更や“SPモード”申し込みなどの業務プロセスごとに必要なデータを読み出す方法を取っていましたが、業務ごとにインターフェースを設計する必要があり、開発効率の低下を招いていまいました。そこで2010年の改修では、顧客のカレントデータをすべて読み出して、必要な変更を加えてすべて書き戻すという方法に統一しています。結果として、オブジェクトサイズは大きくなりましたが、インターフェースを統一したことで業務ロジックをスリム化でき、開発生産性を向上できました」(吉田氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]