編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ヤマハ発動機、Office 365でグローバルの情報共有基盤を統一--BCPも考慮

山田竜司 (編集部)

2013-11-08 12:49

 ヤマハ発動機はグループ内の3万ユーザーを対象にグローバルで情報共有基盤の統一を進めている。現在「Exchange Online」の展開を進めている。

 売上高の9割を占めるのが海外市場というヤマハ発動機は文字通りのグローバル企業。現在、開発の現地化を推し進めており、部材の調達や供給から製造までを各地域で連携させ生産力を高めていくことを重要な課題としていた。

 この課題を解決するための手段の1つとして、メールやポータルサイトなどを活用した世界共通の情報共有基盤の導入を検討した。東日本大震災とタイの洪水により事業継続計画(BCP)の重要性を認識したことから、クラウドサービスを視野に入れたプランを策定。この結果、Office 365の採用を1月に決めた。具体的には「Exchange Online」を導入する。

 クラウドであること以外にOffice 365を採用した理由として、国内拠点で長く使っていたNotesでは、バージョンアップごとの仕様変更が大きく、データベースなど資産を引き継ぐためのコストがかかっていた点を挙げた。ほかのクラウドベースの情報共有ツールと比較してOffice 365は中国で利用できることもポイントとなった。

 2月に導入支援パートナーを選定。7月に第1弾としてインドとシンガポールの各拠点への導入を完了している。現在はExchange Onlineだけを利用しているが、「SharePoint Online」と「Lync Online」の利用も検討しているところだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]