編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日立、フラッシュメモリでストレージを全面的に強化

怒賀新也 (編集部)

2013-11-14 15:46

 日立製作所は11月13日、データ処理の高速化を低コストで実現するフラッシュメモリモジュール「Hitachi Accelerated Flash」(HAF)を活用したストレージ製品を全面的に強化すると発表した。同日から世界で提供を始めた。

 小規模システムでも低コストでフラッシュを活用したデータ処理を高速化するため、HAFを搭載可能なストレージ製品として、新たに統合ストレージ「Unified Storage 150」を追加。

 HDDを搭載せずHAFのみにすることで大容量データの高速処理を実現するオールフラッシュモデル「Unified Storage 150 all flash」も製品化した。

 Unified Storage 150の上位機種であるエンタープライズディスクアレイシステム「Virtual Storage Platform」と統合ストレージ「Unified Storage VM」向けには、2倍に容量を拡大したHAFを開発し、容量あたりの導入コストをさらに削減できるようにした。

 さらに、Unified Storage VM向けには、Accelerated Flashなどのフラッシュ媒体を活用した際のデータ処理性能を従来の約2倍に向上したというソフトウェア「Flash optimization」を開発した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]