編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

パブリッククラウドに映像制作支援システム--レンダリングを分散、仮面ライダー鎧武で利用

山田竜司 (編集部)

2013-11-13 19:07

 東映グループの東映ラボ・テックとIDCフロンティアは11月13日、画像や画面の内容を指示するデータの集まりから映像や音声を生成する工程“レンダリング”とデータを共有できる映像制作支援システムをパブリッククラウドで構築し、制作会社向けに提供を開始した。

 従来の映像制作業界では一般的だった制作会社側でのレンダリング処理環境の機器拡充が不要となり、時間や量を考慮せずに対応できるレンダリング環境を利用可能という。この映像制作システムは第1弾として10月から放送している「仮面ライダー鎧武TV シリーズ」の制作現場で利用される。

 東映ラボ・テックでは、2012年からクラウドを基盤にした映像制作支援システムを開始。これまで1年間の運用の中で改善を加え、パブリッククラウドをレンダリングの分散処理に採用し本格的な運用を開始した。今後、外部の制作会社向けに映像制作支援サービスを展開する予定も明らかにしている

 IDCフロンティアは、映像制作業界特有であるレンダリングデータの受け渡し、レンダリング処理の負荷の増減などを考慮。必要な時にリソースを得られるパブリッククラウドと専用の高速ネットワークでシステムを東映ラボ・テックと共同で構築し、データの集約効果と処理能力の向上に寄与したという。


映像制作支援システムの構成

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]