MSとジー・サーチ、ソーシャルメディア分析--Azureに蓄積、Excelで利用

山田竜司 (編集部)

2013-11-13 19:07

 ジー・サーチと日本マイクロソフトは11月13日、ソーシャルメディア分析サービス「GARNET」を発表した。IaaS/PaaS「Windows Azure」にデータを蓄積、フロントエンドとしてExcelを使う。初期導入費用が10万円。サービス利用料は月額で10万円から、年一括払いは98万円。11月18日から提供する。


イメージ画像

 GARNETは、TwitterやFacebookといったソーシャルメディアから発信される情報を蓄積し収集、分析するためのサービス。ユーザーはExcelから直接このサービスに接続でき、WordやPowerPointとも連携することで、分析からレポート作成業務までが大幅に効率化できるという。

 ファン数やいいね!の数、リーチ数などのFacebookページの概要分析、Facebookページへの投稿単位の分析といった機能を利用できる。Twitterでは、フォロワー数やツイート数、そのリーチ数など概要分析に加えて、指定したキーワードでのソーシャルリスニングなども利用できる。

 Windows Azureからデータをダウンロードした後でExcelに保存すれば、オフラインでも分析できる。申し込み以降のソーシャルメディアデータはクラウドに蓄積され、いつでも分析できる。

 ジー・サーチが保有するビジネス情報データベースやユーザー企業が所有するデータとの相互連携も可能であり、例えばソーシャルメディアでのつぶやき件数と商品売り上げの相関関係の分析が可能になるとした。さらに各種調査データを分析パラメータに加えることにより、精度の高い分析が可能になると説明した。

 同社は今後3年間、GARNETで5億円の売り上げを目指す。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]