編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ミルボン、複数のクラウドをツールで連携--作業自動化で業務効率が向上

山田竜司 (編集部)

2013-11-18 07:30

 サロン向け化粧品などを製造、販売しているミルボンは、複数のパブリッククラウドをシステム連携ツールでつないで業務を効率化している。製品を提供したマジックソフトウェア・ジャパンが11月15日に発表した。

 ミルボンが扱う化粧品はシーズンごとに新しい商品が投入されるという属性であるため、営業担当者が必要とする情報も3カ月から半年という短期間でまったく変わるという。

 そのような商品属性からミルボンはスピードを重視し、情報共有の手段として、「Salesforce Sales Cloud」や「SharePoint Online」などを導入している。海外を含め500人以上の営業担当者は、営業活動の記録や関連資料をSalesCloudに登録する。その後、数値データはビジネスインテリジェンス(BI)ツールに、活動資料はSharePoint Onlineに振り分けるというフローで業務を回した。

 同社はそれら複数のクラウドやさまざまなシステム間のデータ受け渡しをスムーズに実施できるシステム連携ツールを探していたという。

 ミルボンは他社のシステム連携ツールと比較してデータ連携基盤「Magic xpi Application Platform」を採用。Magic xpiは、クラウドを含むさまざまなシステムや各種パッケージ群を連携させられるという。

 採用の決め手は、多様なデータ形式や複数のSaaSでもつながる自由度の高さだったという。SharePoint Onlineと連携できるツールがMagic xpiだけであったため、同製品を選択したとしている。

 営業担当の活動記録や販売データをSharePoint OnlineやBIツールに振り分ける作業は以前、属人的作業であり、担当者への負担が大きかったと説明。Magic xpiでは自動化され、担当者の業務工数が大幅に削減されたとコメントしている。

 今後の展開として、Sales CloudやSharePoint Onlineにある過去データを社内のNASにアーカイブする作業をMagic xpiで自動化することを挙げた。同社は検索のレスポンス向上やディスク容量の削減が見込んでいる。


システム概要図

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]