編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
三国大洋のスクラップブック

年商100億ドルがみえてきたアマゾンのクラウドサービスの共生と脅威

三国大洋

2013-11-20 07:30

 先週ラスベガス(米ネバダ州)でAmazonの「AWS re:Invent」というカンファレンスが開かれていた。ほぼ同時に、サンフランシスコではオンラインファイル同期・共有サービスのDropboxがエンタープライズ向けの新製品を発表していた。いずれの話題も当日わりと大きなニュースになっていたから、見聞きした方もいるかもしれない。

 約9000人の参加者を集めた「AWS re:Invent」ではアプリケーション・ホスティングの「AppStream」や、クラウド上で動かすデスクトップ・サービス「WorkSpaces」といった新サービスが発表されていた。一方、Dropboxはエンタープライズ向けのサービスを発表し、企業向けの分野への本格参入ののろしを上げた格好だ。

 さて、この2つの出来事に触れた記事をGigaOM主筆のOm Malikが執筆し、週の終わりに掲載していた。

Why Amazon (web services) and Dropbox need each other - GigaOM

 「Dropboxのような新興企業がごく短期間に急成長を遂げることができた。その理由の1つはAWSがあったから」という趣旨の記事だが、この中に出てくる数字がかなり興味深いので、今回はそれらを少し拾ってみる。

 Dropboxについては、5年前の創業時に2人(共同創業者のDrew HoustonとArash Ferdowsi)しかいなかった社員数が、いまでは約470人まで増えた。現在の登録アカウント数は約2億件、有料契約社数が約400万件。さらに同社の評価額について、一部では40億ドルの声もあがっている、とこのGigaOM記事にはある。

 なお、米国時間11月18日にはBusinessweekで「Dropboxは評価額80億ドルで、2億5000万ドルの資金調達に向けて動いている」とも報じられていた。前回(2011年11実施)の資金調達では評価額4億ドルでやはり2億5000万ドルを集めていた。出資者の中にはSequoia Capital、Accel Partners、Goldman Sachsといった有力VCや機関投資家のほか、インキュベーターのY Combinator、それにU2のBonoやThe Edgeといった有名人の名も含まれる。

Now Dropbox Thinks It's Worth $8 Billion - Businessweek

 さて、このDropboxや同社と競合するBox.netなどを「縁の下の力持ち」として支えるAWSについては、2012年に推定20億4400万ドルだった売り上げが、2013年に34億7000万ドル、2014年に59億ドルと増えていき、2015年には90億2000万ドルに達するというMacquarie Securitiesの推定/予測が紹介されている。またMorgan Stanleyのあるアナリストからは「2022年には年商300億ドル」という予想も出ているという。

Wall Street sees boom time ahead for Amazon’s cloud biz - GigaOM

 Om Malikのコラムには、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)の「objects」と、Dropboxのユーザー数の推移(2008-2013年)をプロットした折れ線グラフが載っているが、いずれも見事な右肩上がりとなっている。また同じ期間中にAWSでリリースされた「年ごとの新製品、機能の数」を示す棒グラフも出ており、AWS自体での戦力強化のペースが加速していることも読み取れる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]