会津若松スマートシティ

会津若松スマートシティのチャレンジ:第4回--持続的成長で超えるべき課題

津田浩司 2013年11月20日 11時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 福島県会津若松市で進行中のスマートシティプロジェクト。現在は復興予算なども投入されており、活発な動きが展開されている。ただ、プロジェクトを持続的に成長させるためには、いくつかのハードルを越える必要がある。

 そのハードルをクリアできれば、他地域のスマートシティ計画にも貢献することができるはずだ。あわせて“日本発スマートシティ”の可能性についても考えてみたい。

いかに持続的に成長させるか

 これまで3回にわたって、会津若松スマートシティの現状を見てきた(第1回第2回第3回)。スマートシティ化は長期にわたる取り組みであり、プロジェクトはまだ始まったばかりだ。とはいえ、産官学連携の推進体制という土台の上で、スマートグリッド事業のような先行プロジェクトが成果を上げつつある。

 今後の大きな課題の1つは、プロジェクトをいかに“自走”させるかということ。会津大学の理事・復興支援センター長を務める岩瀬次郎氏は、その課題感を「事業予算がなくなった後にも、スマートシティをいかに持続的に成長させるか」と示す。

 個別のプロジェクトを見ると、現状では復興予算などの政府資金が投入されたものが多い。これで数年間の事業を引っ張ることはできるが、問題はその後だ。

 最も望ましいシナリオは、受益者負担によるプロジェクトの推進だろう。例えば、100世帯に家庭エネルギー管理システム(HEMS)を配布したスマートグリッド事業。すでに消費電力3割程度の削減との効果が出ており、このことが評判になれば「HEMS設置費(の一部)を負担するから参加したい」と住民の側から手が挙がるかもしれない。ただし、説得力のある費用対効果の数字が示せるようになるには、HEMS設置コストのさらなる低減を待つ必要があるだろう。

 将来的には、社会コスト削減分が原資になる可能性がある。アクセンチュア 福島イノベーションセンター センター長の中村彰二朗氏は「例えば、医療ビッグデータを活用することで、増え続ける社会保障費を抑制することが可能。ほかにも、スマートシティによって社会コストを削減できる部分は多くあります」と言う。

 コスト削減分の一部を協力者へのインセンティブに、残りの一部をプロジェクトの推進費用に充当するといったスキームができれば、スマートシティの持続的な成長が支えることできるはずだ。また、個人情報の問題をクリアした上でという前提だが、医療やエネルギー消費などに関するビッグデータ、その分析結果の販売から収益を得られる可能性もある。

 ステークホルダーの合意形成プロセス、制度設計を含むエコシステムづくりは、スマートシティの重要なカギになる。産官学の関係機関が適度なサイズのエリア内に立地する会津若松のプロジェクトには、そうしたノウハウの蓄積が期待されている。そのノウハウをいち早く確立すれば、他の地域で計画されているスマートシティにも貢献できる。日本発スマートシティを世界に輸出する際のアドバンテージにつながる可能性もある。

ビジネスチャンスをモノにできるか?

 最後に、日本発スマートシティの可能性について考えてみたい。

 スマートシティにおけるソフト面については、会津若松市を含めて、日本各地のプロジェクトで試行錯誤が続いている段階と言っていいだろう。一方のハード面は、日本企業が強みを生かせる分野だ。

 日本のモノづくりについては、しばしば過剰品質が指摘される。「品質や機能を多少落としても、価格を抑えた方が売れるはず」というわけだ。ただ、スマートシティに関して言えば、少なくとも耐久性や可用性といった意味での高品質には大きな意味がある。スマートシティの構成要素の多くは、それぞれが十年単位で使われるものだ。ミッションクリティカルな要件が求められるものも少なくない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]