編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

LINEを参考に開発した--セールスフォースのベニオフCEOが明かす

三浦優子

2013-11-20 18:51

 モノのインターネット(Internet of Things:IoT)の普及を見据え、全面的にモバイルに対応する新プラットフォーム「Salesforce1」を発表した米Salesforce.comの最高経営責任者(CEO)、Marc Benioff氏。米国時間11月19日の基調講演後に開催されたQ&Aセッションで「モバイルビジネスを展開する上で参考にしたのは日本のLINEだった」ことを明らかにした。

 このQ&Aセッションは日本の報道陣向けではなく、全世界の報道関係者を対象に実施されたもの。リップサービスではなく、Benioff氏が純粋にLINEを高く評価しての発言と言える。果たして、LINEはSalesforce.comのモバイル戦略にどのように影響を及ぼしたのか。

「モバイルビジネスを展開する上で参考にしたのは日本のLINEだった」と話すBenioff氏
「モバイルビジネスを展開する上で参考にしたのは日本のLINEだった」と話すBenioff氏

 Salesforce1には、従来の同社の製品にはなかった要素がある。以前からアプリを開発できるプラットフォーム機能やモバイルへの対応を試みていたが、Salesforce1ではより高い水準を目指している。

 具体的には、プラットフォームとして既存のSalesforce用アプリがそのままSalesforce1で利用できるのが1つ。さらに、従来に比べAPIを10倍以上に拡充した。このAPIによって、アプリ開発者は従来よりも短期間でモバイル対応のソーシャルアプリやモバイルアプリを開発できるようになる。導入済みのカスタムアプリ、CRMアプリ、マーケットプレイス「AppExchange」から提供されたパートナーアプリは全て統一されたモバイル環境で利用できる。

 Benioff氏はプラットフォーム戦略について「われわれが目指しているプラットフォームはMicrosoftが提供してきたものとは異なる」と説明。「マーケティングやセールスなどの顧客向けサービスを連携できるカスタマープラットフォームを目指した」とのこと。

 こうしたプラットフォームビジネスについて「今後大きなビジネスチャンスがあり、魅力的だ」とBenioff氏は指摘した。

 自社のモバイル戦略に関して「われわれはかつて、素晴らしいモバイル戦略を持っていると考えていたが、2年前に考えた戦略は誤りで壁にぶち当たった。戦略を立て直さなければならなくなった」と明かす。具体的には「この2年間でモバイルデバイスの性能や機能がはるかに豊富になった。その結果、われわれが提供してきたAPIでは足りなくなってしまった」と述べた。今回、そのAPI絡みの課題解決に動いたことになる。

 このモバイル戦略を立て直す際に、「参考にした」として最初に名前を挙げたのが日本のLINEだった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]