編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SASとClouderaが国内でも協業へ--Hadoopのデータをリアルタイム分析

山田竜司 (編集部)

2013-11-25 10:13

 SAS Institute Japan(SAS)とClouderaは11月22日、ビッグデータアナリティクス分野の国内における業務提携を発表した。すでに締結しているグローバルでのパートナーシップを拡大する。Hadoop上の包括したデータ分析サービスを共同で提供する。

 Hadoopクラスタに格納されたデータをリアルタイムに分析するクエリ機能「SQL-on-Hadoop」を提供するClouderaのオープンソースソフトウェア「Cloudera Impara」に、SASのアナリティクス環境からアクセスできる「SAS/ACCESS Interface for Impara」をSASが12月から提供する。

 さらに両社はHadoop上でデータ統合/管理、データ探索、モデル開発、展開にわたるアナリティクスのライフサイクル全体をカバーする製品群と一連のサービスを提供する。

 具体的には、両社サービスを相互に提案、構築、サポートするSIパートナーを育成し、共同でのマーケティングやコンサルティングサービスなどを手掛ける予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]