エンタープライズモバイルの時代

スマートデバイス導入における落とし穴--下

千葉友範(デロイト トーマツ コンサルティング) 2013年12月05日 11時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回は実際のスマートデバイス導入現場には、セキュリティや人事制度をはじめ考えるべきことが多くあり、それが企業を頭を悩ませている現状について解説した。

 一方、先行してスマートデバイスを導入している企業に聞いてみると、社給やBYODに関係なく、こうした検討事項をうまく解決している企業が多い。例えば、在宅勤務制度や残業申請などの制度問題については、運用でうまくカバーできている企業もある。

 各社と意見交換をしていく中で、ハッとさせられたコメントがあったので紹介する。

質問者 「タブレットなどの持ち出しについてどのような対策をしていますか」

回答者:「MDMやガイドラインといった一般的なセキュリティ対策は実施しています」

質問者:「何か特別な対応はしていますか」

回答者:「特にしていません。タブレットはノートや手帳と違うものでしょうか。むしろ、リモートワイプやパスワードが設定してあるデバイスの方が落とした際に安全だと思いませんか。手帳やノートは落としたら外から消去できませんが、スマートデバイスはリモートワイプ機能を使って遠隔地からでも情報を消去できます。また、パスワードロックをしていれば、中身を見られにくくなります。手帳やノートの持ち出しに、今まで何かの制限をかけてきたでしょうか」

質問者 「現状PCの持ち出しを許可していないとのことですが、スマートフォンやタブレット導入の際に、帰宅後のメール閲覧や電話などについて、残業申請の対象にしていますか?」

回答者:「していません。もちろん、上長から業務を開始するような明確な指示として読み取れるようなメールや、電話があれば残業として扱いますが、多くは5分程度のことなので、それを残業として申請させるのは従業員にとってむしろ負担になります。PCやタブレットがなかった時代に、自宅でノートや裏紙に企画案などの整理をしていた人はたくさんいたと思いますが、それを残業として申請していたとは思えません。なぜ、PCやタブレットで仕事をするそれを残業として扱うのでしょうか」

 紹介した2つの事例で伝えたかったことは、意外に「常識の範囲」で運用をしているということである。

 もちろん、非常識なことが起こり得るので、そのためにルールを設計し、運用を厳密化することになるわけである。しかし、多くの企業が異口同音に話していたのは、モバイルのメリットを得るためには、あまり厳しすぎる制度設計は避けるべきであるという点だ。

 ユーザーの利用機会を奪ってしまっては意味がない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算