編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
XP後のコンピュータ

PC時代に終止符を打とうとする者たち - (page 2)

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2013-11-28 07:30

 米ZDNetのライターであり、長い間「Windows」のファンであったAdrian Kingsley-Hughes氏は、「Windows 8.x」における「変更を目的とした変更」のおかげで、経験豊富なユーザーにとってWindowsが使いにくいものになってきているという理由で、見切りをつけた。筆者も同じ気持ちだ。筆者の考えでは、Windows 8はそのスタートから失敗に向かって進んでしまっており、Microsoftはまだ進路を修正できていないのである。

 ご存じだろうか?Windows 8の導入率は、不遇であった「Windows Vista」の最初の年よりも低い数字にとどまっている。そして、同社がそのことを気にかけているようには筆者には思えない。

 なぜだろうか?Microsoftは将来の収益をデスクトップPCや、痛い目にあわせる結果となったハードウェアパートナーからではなく、「Surface Pro 2」や「Surface 2」という自社のアプライアンスと、「Microsoft Office 365」といったクラウドベースのアプリから得ようとしているからだ。

 考えてみてほしい。MicrosoftがWindowsベースのPCにユーザーをつなぎ止めておきたいと本当に願っているのであれば、「Microsoft OneNote」や「Lync Online」「Skype」「SkyDrive」を「Android」機器や「iOS」機器に対して提供するだろうか?「Office Mobile for Office 365」は既に「iPhone」向けにも提供されており、「Microsoft Office」の中核をなすアプリのウェブ版も「iPad」向けやAndroid搭載タブレット向けのものが提供されている。Microsoftが自社のサービスをユーザーに貸し出せるようにしているという事実を目の当たりにすると、同社がユーザーの使用しているPCのことを気にかけているようには思えないのである。

 Jason Perlow氏は筆者やKingsley-Hughes氏と同様に米ZDNetのライターであり、昔から仕事や遊びにPCを使っている人間だ。Perlow氏は「われわれがWindows PCを使用するか、Macを使用するか、iOSやAndroidのようなモバイルOSを搭載した他のまったく違ったものを使用するかに関係なく、それがエンドポイントのデバイスであるという点に着目した場合、われわれは単なるエンドユーザーになる」と述べている。つまり、「当たり前のように、すべてはアプリの話になってくる。そして、ユーザーが必要とするこれらのアプリやデータサービスの配布メカニズムは、クラウド内に存在している」というわけだ。

 Amazonもそのことを理解している。同社はクラウドをマーケティング上の宣伝文句から現実のビジネスに変えた企業である。そしてAmazonは現在、深く世の中に浸透した最後のOSになるだろうと筆者が考えている「Windows 7」をクラウドに移行しようとしている。

 MicrosoftはWindows 7を使ってほしくないと考えているようだが、ユーザーはこのOSをこよなく愛しているため、筆者はAmazonの戦略が大成功を収めると考えている。しかし、注意しておくべき点がある。AmazonはWindowsを搭載した本物のPCを与えてくれるわけではない。ユーザーが手にするのは、「Amazon Web Services(AWS)」クラウド上で「Windows Server 2008 R2」を稼働させ、その「デスクトップエクスペリエンス機能」から得られるPCライクなエクスペリエンスなのである。

 これは見た目と動作こそデスクトップのようであるものの、実際はDaaS(Desktop as a Service)なのだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]