編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

NRI、企業データ提供サービスを拡充--香港企業と連携、新興国に対応

山田竜司 (編集部)

2013-12-03 11:19

 野村総合研究所(NRI)は企業データ提供サービスを拡充し、新興国に対応する。12月2日、金融情報データベース提供サービス「Financial Intelligence Services 」(FISL)が提供するグローバル企業情報について、日本における販売代理店契約を10月24日に締結、25日にサービスを提供していたと発表した。

 NRIはすでに提供している金融情報データベース提供サービスにおいて、10月25日からFISLが持つ海外の上場企業など英語での企業情報データを提供開始。現在日本語版を準備中という。

 FISLの財務データは、企業間を比較した財務データや各企業から開示された内容をまとめた財務データから生成され、CSVファイルやExcelファイルのフォーマットで提供される。

 同社が持つグローバル企業情報データベースでは、現在もデータの更新を継続している企業数が全世界で約4万4600社。アジア、中東、アフリカ、南米など新興国での企業情報が充実している点を強みとしてアピールしている。

 FISLは独自の方法論により、格付機関が扱っていない企業の一部についても、財務データから格付け情報を提供できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]