SDNやネットワーク仮想化でのアプリケーションの在り方--F5、新ビジョン「Synthesis」 - (page 2)

齋藤公二 (インサイト)

2013-12-12 15:20

 こうしたパートナーのエコシステムによる展開例としては、Ciscoが米国時間11月6日に発表したACIとSoftware Defined Application Servicesとの連携を紹介した。ACIのコントローラであるAPICを通してポリシーベースでACIファブリックとF5のサービスファブリックを管理するものであり、現在実装のための検証が進んでいるところだという。

 3つのめの構成要素は、リファレンスアーテクチャにあわせたライセンス体系だ。ライセンス体系は、F5 Synthesis発表に合わせて、機能やパフォーマンスなどに応じてライセンスが変わる従来のタイプから「Good」「Better」「Best」という3つのみのパッケージライセンスに刷新された。

 Goodは、負荷分散(BIG-IP Local Traffic Manager)のみのシンプルなパッケージ。BetterはそれにSDNサービス(SDN Services)やファイアウォール(BIG-IP Advanced Firewall Manager)などが加わったパッケージ。Bestはさらに高度なアクセス制御(BIG-IP Access Policy Manager)やアプリケーションセキュリティ管理機能(BIG-IP Application Security Manager)が加わったパッケージとなる。

 製品を購入する場合は、まず自社に合ったリファレンスアーテクチャを検討し、次にそれにあうパッケージを適用し、最後に最適化な製品を選択するという流れで行う。「シンプルな体系で提供できるようになった。またパッケージ型にしたことで製品を個々に購入するよりも50~60%ほど導入コストを下げることができるようになった」(野崎氏)という。

 F5 Synthesisの発表に合わせて、既存製品の機能強化やラインアップの拡充は行われていない。アリイ氏は「F5 Synthesisを推進し、2年後の国内L4~L7スイッチ市場でシェア50%という目標を達成したい」と意気込みを語った。


L4~L7の重要性に着目している(F5ネットワークス提供)

ハイパフォーマンス・サービスファブリックのイメージ(F5ネットワークス提供)

インテリジェントサービス・オーケストレーションのイメージ(F5ネットワークス提供)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]