2013年--信頼が死んだ年 - (page 3)

David Gewirtz (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2013年12月18日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかし、考えてみて欲しい。私はGoogleに対して、自分の過去を1982年にまでさかのぼって引っかき回し、私が21歳の時にオンラインでした議論を公表していいとは許可していない。1982年には、このような個人情報の世界的なデータベースが出来上がるだろうという兆候はまったくなく、われわれが書くものは、ある程度のプライバシーを前提としていた。

 しかし、GoogleはUSENETのデータベース全体を購入し、これをオンラインで公表した。Googleが公表したものの中には、1982年にある21歳の若者が発言した内容が含まれていた。つまり私だ。残念ながら、彼らが公表したものは、特にまずいものではなかった。セックスにも、アルコールにも、ドラッグにも関係がない。当時私はロックンロールには傾倒していなかったし、音楽がいつかは消える自分の命を救ってくれるとも思っていなかった。残念ながら、私が議論していたのは、「iAPX 432」と呼ばれるIntelのオブジェクト指向プロセッサについてだった。

 私は30年前でさえ、相当なギークだったのだ。そのことに特に問題はない。しかし、私はその情報を公表していいという許可をGoogleに与えていない。

 また、Yahooであれ、Googleであれ、Yandexであれ、スパイダーに私のウェブサイトを這い回っていいとは許していない。しかし彼らはそれをやるし、Googleがそうしなければ、われわれが書いたものが、誰かに読まれることはないだろう。ポイントは、彼らはそこにいて、やりたいことをやっているということだ。これまでそこには許可は関係なかった。

悪をなすな

 1950年代の米国人は、一般的に言って、1960年代の米国人よりも政府を信用していた。ベトナム戦争と、ニクソン大統領の辞任が、政府が国民からの信頼を大きく失う原因となった。

 1950年代には、政府を信頼するのがファッションだった。地元の警察官が友人であると考えることは、政治的に受け入れ可能だった。

 しかし1960年代にはその信頼が大きく揺らぎ、それ以降、政府は国民の信頼を失い続けている。警官やFBI、米中央情報局(CIA)といった存在は、まともな人間であれば信頼しないのが普通になった。

 そこに、すべてをフラット化するインターネットが登場した。誰もがウェブページやブログを持ち、存在を示し、声を上げることができた。誰もが、お互いに瞬時に結びつくことができた。そして、サービスは無料だった(そして、百万長者のSteward Brand氏の言葉を信じるとすれば、ソフトウェアも「無料になりたがっている」)。再び信頼することがファッションになったが、その対象はGoogleであり、Facebookだった。

 大きなインターネット企業は、もともとは嬉しい誤算に過ぎなかった。Googleはもともと、大学生が作ったウェブスパイダーだったし、Facebookはハーバードの学生寮でコーディングされたものだった。最初は、何十億ドル稼ごうとするものではなかったのだ。共有、つながり、ソーシャルが、当時信じられていた自然の摂理だった。

 そして、Googleは「Don't be evil」(悪をなすな)というスローガンを掲げた。現在のGoogleが、広告業界、新聞業界を荒々しく蹂躙し、われわれがオンライン上で読んだり知ったりするあらゆることを、多かれ少なかれ支配していることを考えると、これは皮肉なことにも思える。

 Facebookはわれわれの友人であると同時に、人類がこれまで経験したことのない、史上最大の個人分析モデルの1つを作り上げた。

 2013年までは、これらのインターネットの巨人を信じるのがファッショナブルだった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]