編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

国内ディスクストレージ、間接販売が成長--IDC調査

山田竜司 (編集部)

2013-12-17 15:48

  IDC Japanの調査によると、2012年の国内外付型ディスクストレージシステムの販売経路(チャネル)は直接販売が前年比6.4%減、間接販売が前年比9.2%増という。12月13日に発表された。

 直接販売の落ち込みは、前年の大型案件の反動のほか、メインフレームの落ち込みなどが影響したと分析する。間接販売の成長は、サーバとクライアントの両方での仮想化環境のチャネルパートナーがビジネスを拡大したことや、間接販売志向を強めているディスクストレージシステムベンダーのシェア拡大などが影響したという。

 2011~2012年は間接販売市場でベンダーシェアが大きく変動した。間接販売市場にシェアを伸ばしたベンダーに共通するのは「仮想化環境におけるエコシステムの構築」「ストレージニーズの多様化への対応」「チャネルパートナー重視の明確化」「サービスプロバイダー市場での需要獲得」などに注力した点とという。

 チャネルパートナー向けに実施したベンダーの評価に関する調査で、最も満足度が高かった項目は「製品/ソリューション競争力」だった。IDCは結果について、2011~2012年にかけて国内市場で多くのストレージの新製品が出そろい、チャネルパートナーがその販売について経験を積んだあとだったためと説明した。

 ベンダーに対する「総合満足度」への影響度では、「販売/顧客開拓サポート」が第1位の項目となった。この項目は2012年の調査では「製品/ソリューション競争力」だった。IDCは、この結果をチャネルパートナーがビジネスの成長にベンダーとの協業をより強く求めるようになってきたためと説明。ディスクストレージシステム市場の成長セグメントがミッドレンジやローエンドにシフトするに伴い、チャネルパートナーとの協業の重要性が増したと分析している。


2010~2012年の国内外付型ディスクストレージシステムのチャネル別売上額(IDC Japan提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]