ERPパッケージのProActive E2基盤にWebLogic Serverを採用

怒賀新也 (編集部)

2013-12-17 16:46

 統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「ProActive E2」のアプリケーション基盤にアプリケーションサーバ「Oracle WebLogic Server」が採用された。日本オラクルとSCSKが12月17日に発表した。既に導入が完了している。

 企業向けJavaの仕様「Java Platform,Enterprise Edition(Java EE)」に準拠したWebLogic Serverの投資対効果の大きさと、効率的に運用できるオープンな環境である点が、長期利用を前提にするProActive E2のコンセプトと一致したという。ProActive E2は4900社、210以上の企業グループに導入されている。

 SCSKは、顧客の長期的な製品利用を促す取り組みの一環として、最新のJava EE環境に着目。業務アプリケーションの基盤として実績があるWebLogic Serverの導入を決めた。

 ProActive E2は、従来からJava EEに準拠したアプリケーションサーバを基盤にしていたため、WebLogic Serverへの移行は比較的短期間でできたとしている。

 WebLogic Serverの最新版は「WebLogic Server 12c」。Java EE 6に完全準拠している。従来から併用されることが多かった「Struts」や「Hibernate」などのオープンソースの開発フレームワークで実現していた機能を補完し、標準に準拠した機能だけでウェブアプリケーションに基づいたオンライン処理システムなどを構築でき、将来的な運用、保守負担の軽減を可能にする。

 日本オラクルによると、今回のProActive E2には、部分的に最新版であるWebLogic Server 12cが導入されている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]