編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

データ連携基盤ソフト「Talend」新版--新フレームワーク「YARN」サポート

NO BUDGET

2013-12-17 18:40

 Talendは12月17日、データ連携基盤ソフトウェアの新版「Talend 5.4」をオープンソースソフトウェア(OSS)として提供を開始したと発表した。商用製品も年内に販売開始を予定している。

 OSS版は同社サイトから無償でダウンロード、利用できる。商用版は1年単位の保守料を含むサブスクリプションライセンスで税別190万円から。

 Talendは、データやアプリケーション、ビジネスプロセスを統合して、企業内の情報資産の効率的な活用を支援する。OSS版の「Talend Open Studio」はデータ統合やマスターデータ管理、エンタープライズサービスバス(ESB)などがある。

 商用版は「Talend Enterprise Data Integration」「Talend Enterprise Big Data」「Talend Enterprise ESB」がある。これら商用版をベースに課題別に用意される「Talend Platform」シリーズでは、マスターデータ管理やビッグデータなどがある。

 最新版のTalend 5.4では、分散並列処理プログラミングフレームワーク「Apache Hadoop」での最新のフレームワークとして注目されている“YARN”をネイティブにサポートしている。

 YARN(Yet Another Resource Negotiator)は、Hadoopのフレームワークであり、任意の分散フレームワークやアプリケーションを容易に作成できるものとして注目されている。Hadoop内でデータの抽出や変換(ETL)やデータクレンジングを実行できるという。

 YARNは、分散アプリケーションからメモリやCPUといったリソースを要求するためのハンドリング、スケジューリングして実行を監督するためのAPIなどを提供する。「MapReduce」の後継としてバイナリ互換を保持しており、「MapReduce 2.0(MRv2)」とも呼ばれている。

 Talendの開発ツール「Talend Studio」も機能が拡張され、MapReduceジョブの実行性能を本番環境で稼働させる前にGUI上で最適化できるという。HadoopのセキュリティフレームワークであるKerberos認証もサポートしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. windows-server

    伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書

  2. コミュニケーション

    在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例

  3. 運用管理

    3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説

  4. 運用管理

    3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?

  5. 仮想化

    なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]