編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

NEC、PLMクラウドサービスをタイで販売開始

NO BUDGET

2013-12-18 17:31

 NECは12月18日、PLM(Product Lifecycle Management)クラウドサービス「Obbligato for SaaS」の販売を、タイでも開始すると発表した。現地法人現地法人NECタイを通じて販売する。タイ国内のデータセンターからSaaS型のPLMソフトウェアを提供する例はほかにないとしている。価格は、5ユーザーが利用する場合、日本円換算で月額7万5000円から。同社ではタイに進出する電機、機械、自動車、自動車部品などの日系製造業を中心に拡販し、今後5年間で100社への導入を目指す。

 PLMは、製品開発の過程で発生する多種多様な技術情報を、製品構成情報(BOM:Bill Of Materials)にひも付け、製品ライフサイクルにわたって統合管理することで、製品開発力の強化を目指すもの。Obbligato for SaaSは750社以上の導入実績があり、そのノウハウを基に「製品構成(BOM)管理」「ドキュメント管理」「設計変更情報管理」に関する業務機能を定義して実装したSaaSだ。個別にカスタマイズすることなく、短期間で低コストにPLMに取り組めるという。

 タイ進出の背景は、アジア市場開拓やチャイナプラスワンなどの観点から、日系製造業の同国への進出が加速していることにある。日本で設計開発した製品を現地仕様に変更するだけでなく、現地で新製品の設計開発から実施する動きも始まり、製造業の基幹情報である設計図面、仕様書、部品表などの製品技術情報や関連ドキュメントを効率的に管理するPLMへのニーズが高まっているという。

 同サービスを導入することで、企業の設計部門は、約2週間という短期間でシステムを利用できるだけでなく、バージョンアップにも迅速に対応できるため、常に最新のシステムを利用できる。また、自前でシステムを構築・運用する場合と比べて、10ユーザー利用の場合で、初期費用と5年間の運用コストを合わせて約60%削減できるとしている。さらに、タイ国内のデータセンターからサービスを提供することで、利用者は日本と同等の安定性や応答速度が得られるのも利点だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]